スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • 2019カレンダー販売!
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展
    • カフェでアートタイム
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 障害者福祉会館 > 会館だより > No.54 > 

ちょこっとコラム

会館だより

ここから本文です。

障害者差別解消相談コーナーって知っとう?

 

 障害者差別解消法の施行(平成28年4月1日)に伴って、北九州市立男女共同参画センター・ムーブ8階に障害者差別解消相談コーナーができました。

 相談コーナーでは、障害のある人の差別に関する相談を受付けています。法は行政や民間事業者を対象に、障害を理由とした差別を禁止しています。

 差別的取扱いとは、障害を理由として正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり制限したり条件を付けたりするような行為をいい、例えば、障害があることだけを理由とした受付の対応拒否や入店拒否、学校の受験や入学を拒否することなどがあります。

 また、障害のある人(家族等も含む)から何らかの配慮を求める意思の表明があった場合には、負担になり過ぎない範囲で必要な合理的配慮が求められます。例えば、見えない人にメニューを読み上げたり、段差にスロープを付けたり、情報保障(手話通訳・要約筆記など)の配慮をすることなどがあります。

 障害のある人への差別については、まだまだ事例も少ないため、何が差別で、何が差別でないのか分からない所があると思います。また、合理的配慮についても何かしたい気持ちはあっても具体的にどうすればいいのかわかならい事もたくさんあると思います。そんな時は、ぜひ障害者差別解消相談コーナーに連絡してくださいね。

(一般の方の言動による差別や雇用分野の差別についての相談は、必要に応じて適切な窓口が紹介されます)

お互い知らないことを話して理解しあうことが大切ですね。

 

障害者差別解消相談コーナー

小倉北区大手町11番4号 ムーブ8階

 TEL:(093)582-5515   FAX:(093)582‐5516

メール:s-kaishou@mail2.city.kitakyushu.jp

 

障害者差別解消法ポスター
事務所

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。