スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 第50号 > 

北九州、再発見!!~ユニバーサルな観光スポットを♪~

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

北九州、再発見!!                                         ~ユニバーサルな観光スポットを♪~

東田第一高炉史跡広場 

 北九州市八幡東区東田にある『東田第一高炉』。

 今回は、この高炉が立っている『東田第一高炉史跡広場』について北九州市市民文化スポーツ局文化企画課の担当の方にお話をお聞きしました。

 日本で初めて銑鉄と鋼鉄(※)を一貫して作ることができた官営八幡製鉄所の最初の高炉で、『1901』と書かれた看板を掲げてそびえ立つグレーの煙突。それが近代日本の産業を支えてきた『東田第一高炉』です。1901年(明治34年)の火入れ式から1972年(昭和47年)までの間10回もの改修を行ないながら、この高炉で鉄が作り続けられてきました。現在見ることができるのは第10次改修高炉ですが、高炉の1階にある『炉床(基礎部分)』だけは、1901年当時からその位置を変えることなく使用されてきたものといわれています。

 鉄ができるまでにはいくつかの工程があります。まず原料となる鉄鉱石が高炉内で高温によって溶かされ、どろどろの銑鉄になります。そして銑鉄は、鋳床(床に作られた溝)を通って貨車(トーピードカー)に積み込まれて転炉まで運ばれます。そこで加工されて、利用目的に合わせた質のいい鋼鉄に変わり、製品となります。

 『東田第一高炉史跡広場』は歴史的建造物であるため後から加えることが難しく、バリアフリーの設備ではありません。そのため障害のある人や外国の人など、誰もが使いやすい環境とはいえませんが、たくさんの人に見てもらえるような工夫も見られます。

たとえば1階部分にはテーブルや椅子のあるスペースがあります。そこで持参したお弁当などを食べたり、疲れたら休憩することができます。

 史跡広場内のトイレ設備は、男性用・女性用それぞれ室内に手すりが設置された和式のトイレで、使用が難しい方は近辺の施設(北九州市イノベーションギャラリー、いのちのたび博物館)のトイレをご案内できます。

 また、高炉が現役で稼働していた当時の写真付で説明パネルが展示しています。さらに数カ所、設備や鋼鉄が製品化されるまでの工程について、図入りの説明板が設置されているなど、北九州の産業について、その歴史を実際に見て実物に触れて学ぶことができます。

 高炉までは、北九州市イノベーションギャラリー側から来ると、史跡広場の入口までは段差のない舗装された道となっていますので、1階部分の炉床のすぐ横まで誰でも行くことができます。博物館ゾーンの駐車場側スロープから、高齢のためや障害があるためにスロープを利用するのが難しい方など、配慮が必要なため史跡広場内に車の乗り入れをご希望の方は、北九州市市民文化スポーツ局文化部文化企画課へお問い合わせください。

 最後に、担当の方にお勧めの撮影位置をお聞きしました。

『隣の大型スポーツ店から北九州市(きたきゅうしゅうし)都市(とし)高速(こうそく)道路(どうろ)を背景にして写す』『北九州イノベーションギャラリーの出入口付近から写す』だそうです。ぜひ写真に撮ってみてくださいね。

 

※銑鉄とは、鉄鉱石を溶鉱炉で還元して取り出した鉄で、不純物を含み硬くてもろいもの。

 鋼鉄とは、鉄の合金で、強靭で加工性に優れているもの。

 

お問合わせ先:

北九州市市民文化スポーツ局文化部 文化企画課 

電話 093-582-2391 FAX093-581-5755

東田第一高炉
炉床(奥)と案内板(手前)

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する