音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

マラソン大会

館 長  藤岡 保


 皆さん、こんにちは。図書館の藤岡です。コロナ禍の生活ももう3年目となり最近では、自分の心と健康を守るために、いかに新型コロナウイルスと共存していくか、付き合っていくかが大切になってきました。

 コロナ前と現在で、大きく変わったことは皆さんの中にも数多くあると思いますが、私の中では、コロナ前に10km程度のマラソン大会に2ヶ月に1回ぐらいのペースでエントリーしていたのが、ここ3年は大会が中止になり、日程が合わない等で参加出来ていない事です。私の場合、大会に出場しないということは、練習もしない為、だんだんと体重も増加傾向です(笑)。じつは昔からスポーツには縁がなく、好きではなかったのですが、私と同じぐらいスポーツに縁のない友人が北九州マラソンで完走したことをきっかけに、マラソンをはじめることになりました。

 始めた当時は1km走るのが精いっぱいでしたが、なんとか目標の10kmまで走ることが出来るようになり、2年後には最終目標の北九州マラソンのペアリレーマラソン(2人でフルマラソン走る種目)で完走することができました。

 じつは、これまでも九州各地のマラソン大会に参加する目的は、ただ走るだけではなくて、その地域を観光して楽しむことも入っていました。行動制限も昔に比べてゆるくなってきましたが感染対策を怠らず、健康の為にも、またマラソン大会にも参加していきたいと思っています。

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

情報提供施設

ここまでページナビゲーションです。