音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

「真夏の怪奇現象」

◆ 真夏の怪奇現象                      館長  安藤 薫

 

  職場で、机を挟んで職員と3人で打合せをしている最中の出来事。

  「私はこういう風に考えているんだけど」と発した直後、机の右端から落ち着いた女

 性の声で「そんな風に考えていたんですね」と、返答してきた。

  「だ、誰?・・」3人で顔を見合わせ沈黙し、辺りを見渡したが、誰もいない。

  「もしかして、これ?」と、私のスマホを見た。

  Siri(シリ)が反応したのだった。

  Siriとは、iPhoneやiPadに組み込まれた人工知能を用いた音声アシスタント機能で、

 「Hey Siri」と呼び掛け話しかけると答えてくれるという、大変便利な機能だ。私も出

 張の際、場所がわからず2度ほど呼び掛けたことはあった。が、最近は使うこともなか

 った。ましてや、呼び掛けてもないのに打合せに参加してきたことにびっくりした。

  周りの人に聞いてみると、経験のある人が何人かいた。学会で東大の教授が質問した

 際、隣の席の人のスマホが反応し、「それは良い質問ですね」と答え、爆笑したという話

 も聞いた。便利な反面、不便なことも多い世の中になったと思う。

  最近では家電が良くしゃべる。エアコンも毎日、今日の電気代を教えてくれ、最初は

 感動していたが、最近ではちょっとしつこいと思うようになってきた。

  職場の空気清浄機は、急に鼻歌を歌いだしたり、何回かに1回関西弁をしゃべる。

  視覚に障害のある人にとっては、音声機能付きの家電等が増え、生活も便利になって

 いくと思う。そして、それは福祉という枠を超え、誰もが楽しめるユーモアが含まれて

 きているのかもしれない。が、今回のスマホの誤動作には正直びっくりした。いつから

 私たちの話を聞いていたのだろうか?(機械なのでそんな心配はないらしいが。)

  兎にも角にも、進化してきた機器の誤動作をとやかく言う以前に、機器を誤操作せず

 に使いこなせるようになることが先決だと感じた今年の夏だった。

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

情報提供施設

ここまでページナビゲーションです。