音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

協会 表彰者(竹田副理事長)

6月3日(水)・4日(木)に開催予定だった第65回日本身体障害者福祉大会ひろしま大会は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、中止となってしまいました。

 当日会場での日(に)身連(っしんれん)会長表彰の式典は行われなかったものの、阿部(あべ)会長名で事務局に表彰状が送られました。

表彰者の紹介をさせていただきたいと思います。

 今年度、表彰を受けられたのは、当協会の副理事長、竹田(たけだ)英樹(ひでき)さんです。

 竹田さんは、昭和54年に、当時まだ設立したばかりの身障協会に入職しました。

設立当初、職員体制や役員体制が脆弱(ぜいじゃく)だった中、様々な人との関わりを通して協会の体制を整え、今日の協会の礎(いしずえ)を築き上げてこられた方です。

 また、平成25年3月に協会を退職後、現在は(公社)障害福祉ボランティア協会、事務局長として障害福祉の推進のために業務に励みながら、身体障害者相談員として、地域の障害のある方が日常生活を送るうえでの様々な相談に応じ、必要なサービスに結び付けるといった活動も行っています。

 竹田さん、この度は栄えある受賞おめでとうございます。今後の更なるご活躍をお祈りいたします。

 

 

 

 

直前ページに戻る

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

北九州市身体障害者福祉協会

ここまでページナビゲーションです。