音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

事業の紹介

北九州市立聴覚障害者情報センターは、聴覚障害者のための字幕・手話入りビデオの製作・貸出し、及び聴覚障害者のコミュニケーション支援を主な業務とし、各種の情報を提供することを目的に、以下の事業を行なっています。

 

1.字幕・手話入りビデオの制作及び貸出しに係る業務

・字幕・手話入りビデオの制作及び貸出し(DVD・BD保有数:2000本 )

・巡回ビデオライブラリー

平成18年4月より、聴覚障害児・者(児童生徒、高齢者等)を対象に、情報提供とともに利用者の社会参加・自立を促すことを目的に、巡回ビデオライブラリーを開始しました。

◇福岡県立小倉聴覚特別支援学校

◇北九州市立浅川小学校 難聴特別支援学級

◇北九州市立八幡小学校 難聴学級

◇北九州市立松ヶ江南小学校 難聴学級

◇北九州市立小倉中央小学校 難聴学級

 

2.各種情報の提供

・「北Qみらい」の機関紙発行(年4回)

・ストリーミング配信(手話による動画配信)

・DVD入荷の追加目録案内

 

3.利用者との交流会の開催

・聴覚障害者情報センターのつどい

・字幕付き映画上映会

 

4.字幕ボランティアサークル活動支援

西部障害者福祉会館にて活動している字幕作成グループ「クレヨン」の活動支援。

(字幕ボランティアサークル クレヨン)

いろいろな年代の耳の不自由な人たちに楽しんでもらえるように、分かりやすい言葉で、内容を変えずに要約して情報を提供しているグループです。

 

5.各種相談

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

情報提供施設

ここまでページナビゲーションです。