音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

はたらく

  障がいのある方が働いている企業や事業所の紹介コーナー

 

「サンアクアTOTO株式会社」 ~後編~


4月号では、小倉南区にある「サンアクアTOTO」の企業側の取組みをご紹介しました。

社員が安全・安心に働けるよう建屋内外に、様々な工夫がされていました。

今回は、仕事の成果をあげる為に、社員自らが考案した改善活動のご紹介と、働いている製造部の吉井さんと、サポート業務部の福本さんにお話しを伺いました。 

  

吉井さん

吉井さんは、入社5年目、組立業務のサブリーダーを任されています。

入社の動機は、大手のTOTOでいろいろな障がいのある方と一緒に仕事ができるから。

入社して困ったことは、同じ職場で働く聴覚障がいの方

とコミュニケーションが取れなかったこと。この事をきっかけに、吉井さんは就業前の時間を利用して、社内の手話教室で少しずつ手話を学び、現在手話検定準2級を取得するまでになりました。

当初は人前での挨拶は緊張し、新しいことをするのが苦手だったそうです。

今では人と話しをする事が大好きな、そんな吉井さんの将来の夢は、「手話通訳士になること!!そして、エリアリーダーになり、新入社員に上手く教えられるような指導員になること」と、柔らかい表情の中にも、しっかりとした目標をもって仕事に取り組まれていました。

 

 福本さん

福本さんは、入社6年目、サポート業務部で点字印刷業務に携わっています。

障害者職業能力開発校で音声パソコンコース(視覚障がいのある方対象)の訓練指導士の経験もあり、現在は業務の点字製作はすべて任されています。

社内には相談員が在籍しており、常に困ったことを相談できる環境が整っています。

また、以前同じ部署で働いていた視覚障がいの同僚と話し合いながら、やり方を工夫改善しているので、現在困っていることは全くないそうです。

そんな福本さんの将来の夢は、「みんなから聞かれても答えられる、頼られる先輩になること」と、仕事への意欲をもち、後輩の育成まで考えて職務に励んでいました。 

趣味は2年前より始めたマラソン。何事にも一生懸命な福本さんは、北九州マラソンにも挑戦しています。

 

吉井さん、福本さんありがとうございました。

これからも夢に向かって頑張って下さい!!

 

作業台を自分に合った高さに調整できる「らくらく上下作業台」
力を入れずにシャチハタを押せる「がちゃポン」
ひとすくいで10個の玉を数えられる「らくらく員数治具」
吉井さん
福本さん

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。