スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 障害者福祉会館 > 会館だより > No.60 > 

北九州市立障害者福祉会館の歩み

会館だより

ここから本文です。

北九州市立障害者福祉会館の歩み

 

1979年(昭和54年)11月16日にオープンした北九州市立障害者福祉会館(以下「会館」とする)は、どんな機能があったのでしょうか…

 

●施設の機能

会館は東京都障害者福祉会館をモデルとして、障害のある人に配慮した会議室や研修室、料理室、防音装置のある音楽室、和室、親が会議をしている時に子供を託児することができる娯楽室などが整備されました。娯楽室は、人工芝の部屋で子どもが転倒してもケガをしないよう配慮され、子ども用の滑り台、ブランコなど数点の遊具が整備されていました。会館の2階には、たたみ3畳の休養室があり将棋や囲碁が置かれていました。

休館日については、市内の施設の多くが月曜休館でしたが、月曜が休みの理美容業務に従事している聴覚障害の人たちも利用できるようにと、火曜休館とされました。

また、施設内には障害者の就労支援の取り組みとして八幡東区の水道局1階に設置されていた「喫茶あい1号店」に続き、「喫茶あい2号店」が設置されました。

(文責:たけちゃん) 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。