音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

編集後記

  風薫る5月―。比較的天候が安定しているこの時期、運動会を実施する学校も多いですよね。

  何を隠そう、幼稚園の頃から駆けっこが得意だった私。リレーの選手にはいつも選ばれてい

 たし、町内の運動会にも借りだされて、よく賞品もらったもんよ――と言っても、まるで信じ

 てくれなかった夫と娘。私の両親が「それはホントだよ」と言っても、口裏合わせを疑わんば

 かり。何故よ。そんなにも今の私から想像できないこと?!…と口惜しく思っていたある日、

 近所のおしゃべり好きなおじさんが、下校途中の娘を呼び止めて言ってくれたそうです。

  「あんたのお母さん、リレー、早かったもんなあ!」

  まるで魔法のように、一瞬で疑惑を晴らしてくれた「地元の証人」のひと言!ありがたや、

 ありがたやと心の中で手を合わせ、晴れ晴れとした気持ちでその日、夫と娘にドヤ顔をおみま

 いしたのでした。以来、運動会の頃になるとその時の場面を思い出し、一人ほくそ笑む私。

  過去の栄光?――構いません。子子孫孫に語り継がせる所存です。

 

 

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

情報提供施設

ここまでページナビゲーションです。