音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

4 よろず掲示板

◆ 2020年度の主な文学賞受賞作品

 前年度の、主な文学賞を受賞した作品のいくつかを、サピエ図書館での着手・完成状況と

 併せてご紹介します。

 

 ●柴田錬三郎賞

  「逆ソクラテス」 伊坂 幸太郎 著

  〈内容〉敵は、先入観。世界をひっくり返せ! デビュー20年目の著者が描く少年たちの

     物語。『オール讀物』掲載の「スロウではない」など、書き下ろし3編を含む短編全5編 

     を収録。                    (点字・デイジー・テキスト 完成あり)

 

 ●野間文芸賞

  「小箱」 小川 洋子 著

  〈内容〉小箱の番人、歌でしか会話ができないバリトンさん、息子を失った従姉、遺髪で竪

  琴の弦をつくる元美容師…。「おくりびと」たちは、孤独のさらに奥深くで冥福を祈ってい

  る…。7年ぶりの書下ろし長編小説。(点字 着手あり、デイジー・テキスト 完成あり)

 

 ●直木三十五賞

 「心淋し川」 西條 奈加 著

 〈内容〉江戸の片隅、小さなどぶ川沿いに並ぶ長屋の住民達は、人生という川のどん詰ま

  りでもがいていた。生きる喜びと哀しみを描いた連作時代小説。第164回(2020年

  下半期)直木賞受賞。

               (点字・漢点字 完成あり、デイジー・テキスト 着手あり)

 

 ●芥川龍之介賞

 「推し、燃ゆ」 宇佐見 りん 著

 〈内容〉ままならない人生を引きずり、祈るようにアイドル上野真幸を推すあかり。ある

  日、真幸がファンを殴って炎上し…。デビュー作「かか」が三島賞候補になった21歳の

  第2作。『文藝』掲載を単行本化。

                  (点字 着手あり、デイジー・テキスト 完成あり)

 

 ●坪田譲治文学賞

 「もうひとつの曲がり角」 岩瀬 成子 著

 〈内容〉小学5年のわたしと中1の兄は2か月前、母の理想の家へと引っ越してきた。英会

  話スクールが休講だったので、わたしはふと通ったことのない道へ行ってみたくなる。ず

  っと先に白い花がさく家が見える路地へと入っていくと…。

                       (点字・デイジー・テキスト 完成あり)

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

情報提供施設

ここまでページナビゲーションです。