音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

3 よろず掲示板

◆ 2021年度の主な文学賞受賞作品

 今年度の、主な文学賞を受賞した作品のいくつかを、サピエ図書館での着手・完成状況と併せてご紹介します。

 

  ●中央公論文芸賞

   「自転しながら公転する」 山本 文緒 著

   〈内容〉東京で働いていた32歳の都は、親の看病のために実家に戻り、近所のアウトレットのショップ

    で働き始めるが…。結婚、仕事、親の介護、ぐるぐる思い惑いながら幸せを求める姿を描く。                                                (点字・デイジー・テキスト 完成あり)

 

  ●三島由紀夫賞

   「旅する練習」 乗代 雄介 著

   〈内容〉中学入学を前にしたサッカー少女と、小説家の叔父。2020年、コロナ禍で予定がなくなった春休

    み、ふたりは利根川沿いに、徒歩で千葉の我孫子から鹿島アントラーズの本拠地を目指す旅に出る。ロー 

    ド・ノベルの傑作。                   (点字・デイジー 完成あり)

 

  ●新田次郎文学賞

   「商う狼 江戸商人杉本茂十郎」 永井 紗耶子 著

   〈内容〉甲斐の農家から江戸の飛脚問屋の養子となった茂十郎は、永代橋の崩落事故で妻と跡取り息子を

    失う。その悲しみを糧に、三橋会所頭取となり橋の運営に要する費用を集め…。江戸の繁栄に生涯を捧

    げた実在の改革者に迫る歴史小説。            (点字・デイジー 完成あり)

 

  ●吉川英治文学賞

   「風よあらしよ」 村山 由佳 著

   〈内容〉明治・大正を駆け抜けた、婦人解放運動家で作家の伊藤野枝。彼女の短くも熱情に溢れた28年

    間の鮮烈な生涯を描いた評伝小説。            (点字・デイジー 完成あり)

 

  ●吉川英治文学新人賞

   「オルタネート」 加藤 シゲアキ 著

   〈内容〉高校生限定のマッチングアプリが必須となった現代。東京の高校を舞台に、3人の若者の運命が、

    鮮やかに加速していき…。悩み、傷つきながら〈私たち〉が「世界との距離をつかむまで」を描く。                                

                                (点字・デイジー・テキスト 完成あり)

   

   「愛されなくても別に」 武田 綾乃 著

   〈内容〉愛情は、すべてを帳消しにできる魔法なんかじゃない-。息詰まる「現代」に風穴を開ける作品。     

                                 (点字・デイジー・テキスト 完成あり)

 

    

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

情報提供施設

ここまでページナビゲーションです。