音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

2021年01月15日

第13回北九州市障害者芸術祭作品展へご出展された方へ

 ≪作品返却期間延長のお知らせ≫

福岡県緊急事態宣言に伴い、芸術祭作品展へご出展された方への作品返却期間を、3月31日(水)までに延長いたします。

 

 

北九州市身体障害者福祉協会アートセンターとは

【立ち上げた経緯】

 平成20年から毎年開催している「北九州市障害者芸術祭」をきっかけに、これまで法人として障害者の芸術文化活動の「発表の場の提供」を行ってきた。

そして、平成26年からは、北九州市立東部障害者福祉会館内に、「障害者芸術文化応援センター」事業を北九州市に提案し「障害者の芸術文化の情報提供と発信」を行ってきた。

 

 

 

 

【目指す方向性】

 しかし、障害者アートの素晴らしさや可能性については、まだまだ社会の中では浸透されておらず、その素晴らしさを社会や地域に対して発信することが求められている。

その為には、地域や身近なカフェなどでの作品展の開催や、市内の障害者アート活動を行っている事業所、または、これからアート活動を進めていく事業所に対して一緒に活動していく体制づくりが必要である。

 そこで、より多くの障害者アーティストの紹介や、他団体や他機関とのコラボレーションによって、「障害者アートの普及」と、「アートを通じて障害のある皆さんの可能性を伝えていく」為のセンターを平成28年度より、法人独自で立ち上げた。

 このアート活動をきっかけに、障害のある人が地域社会と繋がり、一緒に社会を豊かにしていく活動を目指ざす。

 

 

事業内容

 (かがやきアートギャラリー)

    ・北九州市との協働事業として障害者アートの常設展示運営


 (かがやきアーティスト・かがやきパフォーマー)

    ・障害者アーティストの登録・紹介


 (かがやき作品展)

    ・より身近な地域にある、カフェや喫茶店での作品展開催


 (かがやきステージ・かがやきミニライブ)

    ・商業施設・地域商店街などでの障害者パフォーマーのステージイベント開催


 (レインボードロップス)

    ・障害のある人も人も一緒にダンスを楽しむダンスワークショップ開催


(かがやきアート月間)

    ・障害者アートをいつでも楽しんでもらえる月間事業

 

 (発信!!かがやきステーション)

    ・障害者アートをより多くの方に知って貰う為の番組提供

       ※コミュニティFM Air Station Hibikiにて月1回の放送

事務所

北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6階 

北九州市立東部障害者福祉会館内

公益財団法人 北九州市身体障害者福祉協会

  TEL093-883-5555 FAX093-883-5551

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

アートセンター

ここまでページナビゲーションです。