スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 理事長挨拶
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和2年度障害者芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第55号(R2.5.20) > 

7 サピエ図書館貸出ベスト5

点字図書館だより

ここから本文です。

7 サピエ図書館貸出ベスト5

 (令和2年3月10日~4月10日 月間集計)

◆ 点字図書

第1位 「おしっこちょっぴりもれたろう」 ヨシタケ シンスケ 著      (全1巻)

 ぼくは、パンツにおしっこがちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんに怒られる。ぼくみたいに困っている人、ほかにもいるんじゃないかな。みんなその人にしかわからない、困ったことがあるのかな…。見返しに著者紹介あり。

第2位 「ペスト」 アルベール・カミュ 著 宮崎 嶺雄 訳         (全6巻)

 アルジェリアのオラン市にペストが流行したという想定のもとに、人間を絶滅させる悪との闘争を寓意的に描く長編。再点訳。

第3位 「さよならの儀式 8 Science Fiction Stories

宮部 みゆき 著 (全6巻)

 小さな漁村に、海の向こうから「屍者」のトムさんがやってきて…。「海神の裔」をはじめ、親子の救済、老人の覚醒、別の人生の模索などを描いた作品全8編を収録。『小説すばる』「NOVA」ほか掲載を書籍化。

第4位 「そして、バトンは渡された」 瀬尾 まいこ 著           (全6巻)

 血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった森宮優子、17歳。父親が3人、母親が2人。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。身近な人が愛おしくなる、優しい物語。

第5位 「マスカレード・ナイト」 東野 圭吾 著              (全7巻)

 若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。犯人は、ホテル・コルテシア東京のカウントダウン・パーティに姿を現す? あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び-。「マスカレード」シリーズ。

◆ デイジー図書

第1位 「ペスト 下巻」 アルベール・カミュ 著 宮崎 嶺雄 訳   (6時間55分)

 ペストの流行で孤立したアルジェリアのオラン市の市民が協力して難局に立ち向かう姿を通して、不条理に対する人間の集団的反抗と連帯感の必要性を説いた長編。

第2位 「ペスト 上巻」 アルベール・カミュ 著 宮崎 嶺雄 訳   (7時間5分)

 ペストの流行で孤立したアルジェリアのオラン市の市民が協力して難局に立ち向かう姿を通して、不条理に対する人間の集団的反抗と連帯感の必要性を説いた長編。

第3位 「変なおじさん」 志村 けん 著               (3時間32分)

 全員集合、変なおじさん、バカ殿など、数々のコントでお茶の間の笑いをさらっている志村けんの自伝的エッセイ。お笑いバカに徹した48年の胸のうちを語る。コント台本「キャディーのひとみさん」も収録。

第4位 「清明(隠蔽操作 8)」 今野 敏 著            (7時間52分)

 警視庁大森署から異動し、神奈川県警刑事部長に着任した主人公。彼の前に、警視庁との軋轢、公安と中国の巨大な壁が立ちはだかる。シリーズ第8作。

第5位 「不審者」 伊岡 瞬 著                   (8時間15分)

 会社員の夫・秀嗣、五歳の息子・洸太、義母の治子と都内に暮らす折尾里佳子は、主婦業のかたわら、フリーの校閲者として仕事をこなす日々を送っていた。 ある日、秀嗣がサプライズで一人の客を家に招く。その人物は、二十年間以上行方知れずだった、秀嗣の兄・優平だという。現在は起業家で独身だと語る優平に対し、息子本人だと信用しない治子の態度もあり、里佳子は不信感を募らせる。しかし、秀嗣の一存で優平を居候させることに。それ以降、里佳子の周囲では不可解な出来事が多発する。

 

※ご希望の図書の他の媒体での製作状況等につきましては、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する