スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

生きがい

「いつもわくわくしながら描いています」

 水上 嘉美(みずかみ よしみ)

 

 絵を描くことは小さいころから大好きでした。絵を描く道具、きれいな色のクレパスや絵の具、色鉛筆、真っ白な画用紙が大好きで、見ていると今でもワクワクします。

 幼稚園ではお絵かきクラブ、中学生の頃は漫画同好会、高校生の頃はイラスト部と学生時代もずっと絵を描いていました。

 高校卒業後、10年くらい油絵を習っていました。油絵は、物の質感や色を出すのに、絵の具を何度も何度も塗り重ねて行くところが好きです。

 東部障害者福祉会館小倉にあったころ、「パンのみみ」という絵画サークルにも入っていました。今は福祉会館に絵画サークルが無いので残念です。

 昨年は、本人が一番びっくりしたのですが、北九州市障害者芸術北九州市長をいただきました。賞をいただいた絵は、今の自分の気持ちを宮沢賢治の詩に重ねて描いた川底の絵です。

 川の底にいる小さなカニが自分です。川の上の方では、恐ろしいことが起こったり命が失われたりしていて、でも世界は大きくて美しくてキラキラしていて、びっくりするような素晴らしいことが起こったりして…。この世界に生きている幸せを感じながら、水のとろんとした触感や水晶のきらきらした感じが伝わるといいなぁと思いながら描きました。

 私は弱視なので、絵を描いている時は、あまり全体が見えていないので、後で離れてみると遠近感がおかしかったり、なんだか実物と違ったりします。でも、それも私の絵の面白い所だと思う事にして、これからも好きな絵を描いていきたいです。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する