スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

2019年度事業計画

活動方針

ミッション(理念)

 地域社会の中で、障害のある人が安心し、生きがいを持って自立した生活を営むことができる社会の実現を目指します。

 

ビジョン(目的)

 障害福祉の視点から、すべての市民にとって暮らしやすいまちづくり・ひとづくりに取り組みます。

 

バリュー(活動姿勢)

○障害のある人たちの権利を守る活動をします。

○障害のある人たちの声を聞き、求められるニーズに応える活動をします。

○個々の障害を理解し、障害のある人の立場に立った視点で活動をします。

○障害のある人が自分の生き方を選択できるよう、生活を支援する活動をします。

○障害のある人の生きがいへとつながる、芸術・文化・スポーツ支援の活動をします。

○障害のある人と地域との架け橋となる活動をします。

○関係機関・団体と協力、連携して活動をします。

 

前年度は、障害のある人たちを取り巻く問題の一つである災害時の支援について、中長期的な展望でこれからどう取り組んで行くのか、職員プレゼンテーション大会を開催するなど、現場で働く職員の考え方、発想を取り入れ、法人と職員の向かうべき方向を同じにするための最終作業を行なってきました。

 また、東部・西部障害者福祉会館の第4期指定管理者として選定されたことを契機として、公益事業の効果的な実施を見込んだ、公益事業2(東部障害者福祉会館事業)と公益事業3(西部障害者福祉会館事業)を一つにまとめる変更認定申請を、2019年3月に行なう予定で現在準備を進めています。

 

 2019年度は、現在作成している中長期計画に基づき行動に移していく初年度として、ネットワークづくりやプロジェクトチームにおける情報収集や実態調査、また将来の人材育成など、法人全体で具体的な作業に取り組んで行きます。

 同時に「ユニバーサルデザイン2020行動計画」の考え方である「共生社会の実現」「心のバリアフリー」を推進するため、引き続き啓発活動や芸術文化活動の支援など、必要な取り組みを実施していきます。

 また、指定管理者として運営する東部・西部障害者福祉会館が、日頃から障害福祉に関する地域の活動拠点となるよう、当事者・関係者、ボランティア団体と共に普及啓発を行なっていきます。

 

事業を実施するにあたっては、東部・西部障害者福祉会館での取り組みを通じて「地域社会の中で、障害のある人が安心し、生きがいを持って自立した生活を営むことができる社会の実現を目指す」という理念の下、上記7つの活動姿勢に基づいた活動を行なっていきます。

 

法人運営

公益法人として自覚と責任を持ち、活動を通して法人の理念を実現するために、法人運営に必要な財政力や組織力の強化と、法人の将来を担う人材育成を行ない、厳しい時代を生き残っていける法人の体力強化を目指し、内外に向けた取り組みを行なっていきます。

 

Ⅱ 公益事業

1.社会参加推進事業【公益事業1】

障害のある人たちの社会参加を進めていくため、障害のある人の相談内容に応じた適切な支援を行なうほか、社会参加のきっかけとなる芸術文化活動の推進やコミュニケーション支援を行ないます。また、併せて必要な情報の提供、整備すべき制度、サービスについての要望活動を行なうなど、障害福祉の推進を図ることを目的とした事業を行ないます。

 

2.障害者福祉会館事業【公益事業2】

障害のあるなしに関わらず共に生きる社会の実現のため、障害のある人たちが地域で自立した自分らしい生活を送れるよう、障害のある人たちと家族・支援者の活動拠点や地域との接点として東西の障害者福祉会館の運営や社会参加支援事業を実施します。

 

Ⅲ 収益事業

1.点字・声の市政だより等作成事業【収益事業1】

北九州市が発行する広報誌「市政だより」、「市議会だより」等の点字・録音版・テキスト版を製作し、視覚障害者の生活に必要な情報提供を行ないます。また、視覚に障害のある人が日常的に使用する点字用紙などの販売も行ないます。

 

2.自動販売機委託販売事業【収益事業2】

北九州市立東部障害者福祉会館や北九州市立西部障害者福祉会館をはじめ、北九州市内の公的施設に自動販売機を設置し、飲料販売を行ないます。

自動販売機による飲料販売収益は公益目的事業に還元します。

 

Ⅳ その他事業

1.地域障害者団体支援事業【その他事業1】

北九州市内で活動する身体障害者団体の支援を通して、北九州市の障害福祉の推進を図ることを目的に事業を行ないます。

 

Ⅴ 他団体連携事業

北九州市の障害福祉推進のため、他団体と連携して行政に対し必要な政策提言、意見交換を行ないます。また、障害福祉に関する情報を収集、提供します。

 

2019年度 会計別予算総括表

                                   (千円)

会計別

2019年度

予算額

2018年度

予算額

増減額

公益事業

1

社会参加推進事業会計

9,525

9,795

△270

2

障害者福祉会館事業会計

170,049,

175,212

△5,163

収益事業等会計

3

点字・声の市政だより等作成事業会計

17,591

18,039

△448

4

自動販売機委託販売事業会計

1,380

2,300

△920

5

地域障害者団体支援事業会計

1,176

1,200

△24

 

6

法人会計

4,150

4,231

△81

合   計

203,871

210,777

△6,906

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する