スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 理事長挨拶
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和2年度障害者芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第56号(R2.9.20) > 

7 サピエ図書館貸出ベスト5

点字図書館だより

ここから本文です。

7 サピエ図書館貸出ベスト5

 (令和2年7月10日~8月10日 月間集計)

◆ 点字図書

第1位 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」 

                        ブレイディ みかこ 著 (全4巻)

 優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜの「元・底辺中学校」。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の「ぼく」と著者である母は、ともに考え悩み乗り越え…。

第2位 「くちびるに歌を」 中田 永一 著                (全5巻)

 舞台は、ある中学の合唱部。合唱コンクールの課題曲にちなみ、十五年後の自分に向けて部員たちが書いた手紙には、誰にもいえない秘密が綴られていた。第61回小学館児童出版文化賞受賞。

第3位 「津軽竜飛崎殺人紀行」 梓 林太郎 著              (全4巻)

 桑畑と名乗る83歳の男性の希望で、長崎の観光地へ同行した私立探偵・小仏太郎。だが、その旅から帰った直後、桑畑は青森・津軽半島の竜飛崎の草むらで死体となって発見された。彼が竜飛崎へと向かった背景には女の影が…。

第4位 「熱源」 川越 宗一 著                     (全7巻)

 樺太で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフは故郷を奪われたポーランド人や、若き日の金田一京助と出会い、自らの生きる意味を見出し…。明治維新後、樺太のアイヌに何が起こっていたのか。アイヌの闘いと冒険を描く傑作巨篇。

第5位 「脳が若返るまいにちの習慣」 広川 慶裕 著           (全2巻)

 疲労感、聴覚の低下、夜中に目覚める、集中力の衰え…。これらは脳が老化しているサインです。認知症予防を専門とする医師が、失い始めた脳機能を取り戻し、本来のパフォーマンスを生涯発揮し続ける方法を紹介。

◆ デイジー図書

第1位 「視覚障害者向けiPhone・iPad操作マニュアル 三訂版[合成音]

        視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN) 編 (51分)

 このマニュアルは初めてスマートフォンを使ってみようとする方を対象に、iPhoneの基礎を簡略的にまとめた初心者向けのものである。VoiceOverオン時の操作をまとめている。

第2位 「反日種族主義  日韓危機の根源」 李 栄薫 著       (13時間45分)

 元ソウル大教授の李栄薫氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

第3位 「酒合戦(新・酔いどれ小籐次 16)」 佐伯 泰英 著    (7時間10分)

 肥前タイ捨流の修行者に勝負を挑まれた小籐次は、来島水軍流の一手を鋭く繰り出し堀に沈めてみせる。さらに、おりょうの「鼠草紙」を披露するため招かれた江戸城の花見では、大奥上臈との酒合戦が待っていた-。

第4位 「流人道中記 上」 浅田 次郎 著              (11時間51分)

 万延元年、青山玄蕃は、姦通罪で言い渡された切腹を拒否。奉行所が出した判決は蝦夷松前藩への流罪だった。押送人にえらばれたのは19才の見習与力・石川乙次郎。二人が歩む奥州街道で行き会う人々。道中でみせる玄蕃の弱い者を見捨てぬ心意気が胸を打つ。

第5位 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」 

                      ブレイディ みかこ 著 (6時間33分)

 優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜの「元・底辺中学校」。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の「ぼく」と著者である母は、ともに考え悩み乗り越え…。

 

※ご希望の図書の他の媒体での製作状況等につきましては、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する