音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

第50回九州身体障害者福祉大会・第27回九州ブロック身体障害者相談員研修会の報告

11月14日(木)・15日(金)に、第50回九州身体障害者福祉大会・第27回九州ブロック身体障害者相談員研修会(佐賀大会)が佐賀市文化会館で開催されました。

今回の佐賀大会では、従来3部会制であった分科会が2部会制にまとめられました。

1日目の第1研究部会では、北九州市から柴田泰博理事長が助言者として出席し、「障害者差別解消法の理解と啓発について」、「行政との連携及び災害時に備えた組織強化」を議題として7名のパネラーからの発表後、参加者で意見交換を行いました。第2研究部会には、身体障害者相談員の方に出席していただき、前半は「障害者相談員の資質向上と相談活動への支援について」を議題として3名のパネラーからの発表があり、後半は、参加者との質疑応答の時間となりました。

2日目の福祉大会では、特別表彰・組織活動功労表彰が行われ、特別表彰で北九州市難聴者・中途失聴協会、事務局長の内田幸子さんが表彰されました。栄えある受賞おめでとうございます。今後、更なるご活躍をお祈りいたします。

 次回の、九州身体障害者福祉大会・九州ブロック身体障害者相談員研修会は、熊本県で開催されます。

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

北九州市身体障害者福祉協会

ここまでページナビゲーションです。