スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • カレンダーアート募集
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展
    • カフェでアートタイム
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 障害者福祉会館 > 会館だより > No.57 > 

平成30年会館の取り組み紹介

会館だより

ここから本文です。

平成30年度 会館の取り組み紹介

「要約筆記」って何?

 

「要約筆記」は、聴覚障害のある方のために、話の内容をその場で文字にして伝える通訳です。

「話す」スピードは「書く」スピードより速く、全てを文字化することは難しいため、内容を要約しつつ筆記することから、「要約筆記」と呼びます。

要約筆記者はおもに講演会や会議などの場で、音声情報を手書きやパソコンで文字化して、聴覚障害者に伝える役割を担っています。

北九州市では、この「要約筆記」の技術を習得し、コミュニケーション支援をしていただける方を対象に「要約筆記者養成講座」を開催しています。

手話でのコミュニケーションが難しい聴覚障害者は、社会生活の様々な場面で文字による情報保障を必要としています。

センターでは要約筆記者の派遣も行っており、派遣される通訳者は日頃から研鑚を重ねています。

通訳者には守秘義務がありますので、安心してご利用ください。

詳細については、お気軽にセンターまでお問合せください。

 

視聴覚障害者情報センター

TEL 093-883-5552   FAX 093-883-5553

 

さらに便利になりました

 

東部障害者福祉会館

 会館のトイレになんと!みなさんの要望が多かったハンドドライヤーを設置しました~。 

また、夏場に汗だくで着替えてもらっていた多目的のトイレにも扇風機が付きました。

 

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。