スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 第51号 > 

第11回北九州市障害者芸術祭の報告

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

第11回北九州市障害者芸術祭の報告

                   

 北九州市障害者芸術祭は、障害のある人達が芸術や文化活動に参加することで、生きがいや自信を創り出し、自立と社会参加を進めていくこと、また、市民の皆さんに、障害のある人達の理解と啓発を進めていくことを目的として始まり、今回で11回目の開催となりました。

 平成30年11月25日(日)に、ウェルとばた3階大ホールにて開催したステージイベントでは、長崎県雲仙市に拠点を置く、「瑞宝太鼓」の皆さんの迫力溢れる太鼓の演奏を始め、

ギター弾き語りの「新谷タクヤ」さん、手話を使ったハワイアンフラダンスのグループ「ラブリーフラハンズ」さん、フルート演奏の「真鍋富誉」さんとバラエティーに富んだステージで、観客の皆さんを楽しませ、癒やしてくださいました。

 また、ふれあいフェスタ2018との合同企画である特別コンサートには「平松愛理」さん、人権講演会には「倉田真由美」さんをお迎えしました。

 作品展は、11月27日(火)~12月2日(日)の期間で、黒崎のコムシティ3階北九州市立美術館黒崎市民ギャラリーで開催しました。回を重ねるごとに、たくさんの方から関心を寄せていただくようになり、今年も、絵画、写真、書道、手工芸あわせて217点の応募がありました。

 入賞作品としては、北九州市長賞、(公財)北九州市身体障害者福祉協会理事長賞、北九州市障害者芸術祭実行委員長賞と全12点が選ばれ、既述のステージイベントにて、表彰式も行なわれました。

 おかげをもちまして、ステージイベントも作品展も、無事終了することができました。ご来場くださった皆さま、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

 

芸術祭作品展の表彰式
芸術祭作品展の様子
真鍋さんの演奏の写真

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する