スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

LENCONの初めの一歩

咽喉手術の日の記憶

永松 玲子

※サリドマイドの薬害のため、両肩から数本の指が少し出ているだけの状態で左目は失明、右目も眼球振動があり弱視(近づけば人がいるか識別できるくらい)

 

 北九州市立足立学園(現・北九州市立総合療育センター)から九州歯科大学附属病院に移り、検査ずくめの毎日。

 どれくらい時間が過ぎたのかわかりませんが、ある日看護師さんから「今からちょっと検査するよ」と言われました。

 私はその時「まだ朝ご飯食べてないよ。ご飯は?」と尋ねました。「今日はご飯を食べられん日なんよ」と言われ、一度は納得したのですが、やっぱりそこは子ども。検査中に何度も看護師さんに「お腹すいた。でも今日は食べたらいけんのよね」と言っていたのを憶えています。

 検査が終わり、病室に戻ってすぐ(と記憶していますが)、母から「看護師さんからこの薬を飲んでおいてねって」と薬を渡され飲みました。それから、母に絵本を読んでもらっていたのですが、だんだん母の声が遠くなっていきました。

 ふと目が覚めた時、小さな部屋のようなところにいて、父もいたので「ここはどこ?」と尋ねました。すると「もうちょっと眠とっていいよ」と言われたので眼を閉じましたが、眠れませんでした。

 しばらくすると、何人も看護師さんが迎えに来て私が寝ているベッドを動かし、どこかに連れて行かれました。私は怖くて目が覚めていることを伝えることができませんでした。

 少し行ったところで大きな扉が開き、大きな部屋の1ヵ所に置かれました。その部屋は、右側も左側も金具がいっぱい。それを見た瞬間、恐さが倍増し、さらに声が出せませんでした。

 ドクターや看護師さんは、私が睡眠薬の効果が既に切れ、目が覚めていることに気づいていません。「どうしよう、どうしよう、お父さん、お母さん、恐いよ~」って心が叫び始めた時、顔に布をかぶせられ口を開けられ、手術が始まってしまいました。

 「ああ、これが手術なんだ。だから朝ご飯を食べたらいけんのやったんやね」って思った瞬間!咽に今まで感じたことのない激痛が走りました。私は思わず「痛い~~!」と泣き叫び、体も飛び起き、だんだんと苦しくなっていきました。

 眠っているはずの私が泣き叫びながら飛び起きたので、ドクターも看護師さんも大慌て!私はすぐに病室に戻され、咽喉の出血の処置のため、腹ばいにされた状態で、目の前が真っ白になっていくのを自分で感じながら気が遠くなっていきました。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する