スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 第51号 > 

今を駆ける~障害福祉の世界に生きる人たち~

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

今を駆ける~障害福祉の世界に生きる人たち~

安藤 祐子

 

 私は12歳の障害児の母です。

 息子は、アンジェルマン症候群という希少染色体疾患。生活全部、全介助です。そして、さらにその介助にもこの症候群独特な特性のおかげのプラスアルファのテクニックを要します。最重度知的障害で、身体障害もあるのに多動で、てんかん出ちゃうと白目むいちゃう、そして春頃になると決まって睡眠障害で途中覚醒ありの4時から朝活やっちゃう、目の下のクマが半端ない、「あんこ」と「列車」をこよなく愛す可愛い我が子です。

 そんな我が子、実は、唯一この症候群でよかったと思える特性が1つあります。それは、見るからに幸せそうな笑顔。加えて外人なみのスキンシップ。これは、本当にすごい武器で色んな所で「これさえあれば、どこででも生きていけるね」と言われています。とにかくかわいがってもらえているようです。これも知的が低く、生きる為に備えられているのでしょうか?というくらいです。現にご近所さんからも陰でエンジェルちゃんと呼ばれるくらい、ご贔屓にしていただいて、お菓子やパンの頂きものも数知れず。1度母用なのか缶酎ハイだったこともあります。ただ、出来る面があると同時に悪い面にもなってしまうという、おそらく障害児あるあるだと思いますが、このスキンシップもいきすぎてしまいます。隙を狙って相手の首を取りにいき寝技に持ち込もうとする恐ろしい面もあります。かなりお年を召した方に行こうとした時は冷や汗もんです。ですが、今では、母も12年も経つと色んな場面での色んな経験を経たので、早業で彼のストッパーへと変身できるようになりました。

 さて、そんな彼も来年からは中学生。卒業後、更には親亡き後までこれから少しずつ考えないといけません。最終的には、大切な我が子の障害をきちんと理解してくれて温かく見守ってくれる人、場所を見つけてあげるのが私たち親の役目だと思っています。

 今、私は、ありがたいことに障害福祉の環境で情報提供や収集業務のお仕事をさせていただいています。自分の子どもの事と重ねながら、色んな障害のある方の生活が豊かになれるように動いていけたらいいなぁと思います。

安藤さん親子の写真

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する