スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第42号(H28.1.20) > 

6 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

点字図書館だより

ここから本文です。

6 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

   点字図書館を利用される皆さんがつなぐこのコーナー。前号の岡部さんから、バトンが

  渡された「北点図お蔦」さんに、今回はインタビュー形式でお聞きしました!

 

*******   *******   *******

 

  ―では早速ですが北点図お蔦さん、最近読んだ本で面白かった本、ありますか?

 

  最近になって、昔の古い本が読みたくなって…。きっかけは「名せりふ」。

 世間でよく知られている「名せりふ」ってあるでしょう?「別れろ切れろは芸者の時にいう言

 葉 今のあたしには死ねとおっしゃってくださいな」なんていうの。

  その「名せりふ」をたどって読んでみたのが泉鏡花の『婦系図』。いやあ、なかなか味のあ

 る作品でしたよ。

  巾着切り、いわゆる「スリ」だった早瀬主税という少年が、「真砂町の先生」と呼ばれる

 人に拾われたのち、更生して立派な書生さんになるのだけど、お蔦という芸者と恋仲になって

 ね。晴れて夫婦になったのだけど、それを知った先生が、「将来有望な主税と芸者なんて不釣

 り合いだ」ってことで、二人を別れさせるわけ。

  お蔦も泣く泣く身を引いたのだけど、後になって先生は気づくんですね。「芸者なんて」と

 思っていたお蔦の一途な想いや人柄に。

  それで「自分が間違っていた!」って言って、慌てて二人を復縁させようとするのだけど、

 時すでに遅し―。お蔦は結核にかかっていたんですね。

  駆け付けた先生が「ぼくを恨んでくれ」と詫びる中、静かに息を引き取ってしまうという…、

 主税にも会えずにね。

  あの「名せりふ」の裏にこんなストーリーがあったのかって、ひじょうに興味深く読みまし

 したよ。

 

  ―『婦系図』は点字で読まれたんですよね?

 

  最近は、点字データをダウンロードして、音声で聴くことが多いですね。

  機械の音声だと一定なので、逆に自分の感情で読めるようなところがあって…。

 

  ―他に今、読んでみたい本というと?

 

  泉鏡花だと「滝の白糸」も読んでみたいですね。「名せりふ」でいうと「しがねえ姿の

 土俵入りでござんす」で有名な戯曲「一本刀土俵入り」とか「瞼の母」にも興味が湧いてい

 ます。

 

  ―突撃インタビューにもかかわらず、「名せりふ」の妙を熱く語ってくださった北点図お

 蔦さん、ありがとうございました!

   さあ、次のバトンはどなたへ―?

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する