スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第42号(H28.1.20) > 

1 点字図書館からのお知らせ

点字図書館だより

ここから本文です。

1 点字図書館からのお知らせ

◆ 点字図書館交流会のご報告~門司港レトロに行ってきました!

  昨年11月1日に点字図書館交流会を門司港で開催しました。

  参加者は総勢38名。海峡ドラマシップ到着時に、思いがけず琵琶の演奏を聞くこと

 が出来ました。800年以上も昔、まさにこの海峡で繰り広げられた源平合戦・壇ノ浦

 の戦いを語る「平家物語」の琵琶演奏は大迫力で、歴史のドラマに吸い込まれていくよ

 うな幕開けとなりました。

  階上に上がり、観光ボランティアの「関門海峡の歴史について」のお話しを聞き、館

 内を見学しました。お昼はレストランで9つのテーブルに分かれて、楽しいお食事会に

 なりました。

  午後からは希望コースに分かれての散策。お店めぐりコースは、海峡プラザを中心に

 3つのグループがそれぞれに好きなお店や施設を周って楽しんでいました。散策コース

 はトロッコ列車「潮風号」に乗って、九州鉄道記念館前駅から関門海峡めかり駅を往復

 し、九州鉄道記念館を見学しました。

  記念館は古い列車などが展示されており、鉄道の歴史や電車の仕組みなどについて学

 ぶことが出来る施設で、初めて列車の仕組みを知った方もいらっしゃいました。

  今回は全体の交流が出来ませんでしたが、関門海峡や門司港の歴史を知ることが出来

 ました。また、利用者とボランティア、職員がレトロを散策しながら、室内では味わえ

 ない出会いが出来たと思っています。

  私も帰りの電車で、参加された利用者の方の感想をお聞きし、幸せな気持ちになりま

 した。人と人との出会いがうれしい交流会でした。

  今回参加された音訳ボランティアの片井さん、利用者の川添さんからご感想をお寄せ

 頂きましたのでご紹介します。                   (担当:三木)

 

●片井 良江(新たんぽぽ会) 

 

  久しぶりに交流会に参加させて頂きました。

  屋外での移動しながらの交流は自然と話がはずみ、皆さまと触れ合うことが出来たと

 思います。

  利用者さんだけでなく、ボランティアの方、特に日頃お会いする機会の少ない点訳ボ

 ランティアの方とお話しでき、新たな発見もありました。

  昼食会場では事前に席の配置がされていたので、はじめてお会いする方々とお話が出

 来ました。職員の方の事前準備が行き届いているな、と思いました。

  九州鉄道記念館ではガイドをさせていただきましたが、慣れない誘導にむしろ利用者

 さんが気をつかって下さったのではないかな、などと思っています。

  全員の方とはお話が出来なかったので、それはまたの機会に叶えられたら、と思って

 います。

  私自身が門司港巡りを楽しませていただきました。

  皆さまに感謝です!

●「これで疑問は解決」 川添 光正(図書館利用者)

 

  私が日頃思っていたことは、何十トンもある客車が何両も連なってレールの上を滑る

 ように転がっていくことでした。いつかはレールを観察してみたいと思っていたところ、

 交流会に参加することが出来、チャンスが回ってきたのです。

  一本のレールの幅が6センチほどあり、その内側に指を滑らせたら、4センチほど下

 にくぼみがあり、これがレールの頭を支える土台になっていることが分かりました。こ

 れだけ頑丈にできておれば、何十トンの重さが加わってもびくともしないのではないか

 と思いました。とにかく技術はすごいものだと思いました。

  帰路のバスに乗り、黒崎駅のバス停に近付くと寂しさが増してきました。それはボラ

 ンティアの方たちがやさしく、親切ですっかり私の心が溶け込んでしまったからでした。

  とにかく今日は最高の日でした。来年もまたこういう機会があれば参加してみたいと

 思っています。

◆ 利用者の皆さまとの意見交換会開催のお知らせ

  昨年6月に開催いたしました「第1回意見交換会」では図書製作の流れを説明させて

 いただいた後、利用者の皆さまより、図書館を利用されるにあたりご要望・ご意見・ご

 質問が出されました。また、図書の楽しみ方などの情報交換の場ともなりました。

  より皆さまのご意見を頂戴したく「第2回意見交換会」を開催いたします。

  前回、参加された方もご都合が悪かった方も、どうぞお越しくださいませ。そしてい

 ろいろなご意見をお聞かせください。お待ちしております。

 

  日 時:2月28日(日)13:30~15:00

  会 場:西部障害者福祉会館(黒崎コムシティ5階)501・502会議室

  申込先:点字図書館 TEL093-645-1210

  申込締切:2月26日(金)

 

  ※JR黒崎駅改札または黒崎バスセンターより会場までご案内いたします。

   必要な方は申込時にお伝えください。

                                  (担当:峯浦)

◆ 取り扱い雑誌のご紹介

  現在、当館で貸出をしている雑誌は、録音は全てデイジー版となっています。

  発行間隔の違いにより週刊・隔週・月刊・隔月誌と季刊誌があり、すべての内容が録

 音されている雑誌と抜粋版とがあります。

  点字は「点字毎日」が週刊、「L&L」が隔週、その他は月刊誌です。

  詳しくは点字図書館までお問い合わせください。

 

 《取扱い録音雑誌》

 

 ●週刊誌(隔週発行のものも含む)

  「週刊朝日」「週刊文春」「週刊新潮」「週刊現代」「ニューズウィーク」「朝日新聞社説」

  「読売新聞編集手帳」。隔週では「朝日医学情報」「女性自身」「天声人語」「ナンバー」

  「婦人公論」があります。

 ●月刊誌(隔月発行のものも含む)

  「CulCul かるかる」「わたしの本屋さん」「九視情協」「近視情協」「にってんデ

  イジーマガジン」「声の経絡治療」「ラジオ深夜便」「PHP」「選択」「医道の日本」。

  隔月では、「声の厚生」「暮しの手帖」があります。

 ●季刊誌

  「おしゃれなひととき」「ヨムヨム」があります。

 

 《取扱い点字雑誌》

 

  「点字毎日」「L&L」「点字ジャーナル」「コメディカル」「点字の友」「鍼灸の世界」

  があります。

 

  ★図書のリクエストについて(お願い)

  返却する図書や雑誌の郵送袋の中に、借りたい図書を点字でお知らせいただく場合に

 は、お名前を必ずご記入ください。

                                  (担当:衛藤)

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する