スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • 本年度の芸術祭について
    • 北九州市障害者芸術祭
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • ステージ出演者募集!!
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • レインボードロップス
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきステーション
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 2019カレンダー販売事業
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第43号(H28.5.20) > 

5 サピエ図書館貸出ベスト5

点字図書館だより

ここから本文です。

5 サピエ図書館貸出ベスト5

 (平成28年4月22日現在)

 

◆ 点字図書

  第1位 「ラプラスの魔女」 東野 圭吾 著         (全6巻)

    彼女は計算して奇跡を起こす。東野圭吾、作家デビュー30周年記念作品。東野圭吾

    が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ。

  第2位 「羊と鋼の森」 宮下 奈都 著           (全4巻)

    ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温か

    く静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。2016年本屋大賞受賞作。

  第3位 小説土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯」

                       古川 智映子 著 (全5巻)

    近代日本の夜明けに「おんなの時代」を先どりしたスーパーレディがいた。銀行、鉱山

    を事業の柱に据え、日本女子大学、大同生命の創立にもかかわった、さっそうたる女性

    の一代記。

  第4位 「旅立ノ朝 居眠り磐音江戸双紙 51

                        佐伯 泰英 著 (全4巻)

    病に倒れた父正睦を見舞うため、18年ぶりに関前の地を踏んだ磐音は、帰国早々国許

    に燻ぶる新たな内紛の火種を目の当たりにする。さらに領内で紅花栽培に心血を注ぐ奈

    緒の身にも…。シリーズ完結編。

  第5位 「さわって楽しむ! 点図鑑 動物園のどうぶつ」   (全1巻)

    動物園にいるおなじみの人気動物、ぞう・きりん・パンダ・ライオンなどなど、15種

    類を紹介。触っても見ても楽しい触図付き。おもしろコラムも満載。

 

 

◆ デイジー図書

  第1位 「金魚姫」 荻原 浩 著          (13時間12分)

    勤め先はブラック企業、うつうつと暮らしていた潤。日曜日、近所の夏祭で目に留まっ

    た金魚を持ち帰ったら、部屋に妖しい美女が現れた!?それ以来、商談が成立するよう

    になり…。

  第2位 「羊と鋼の森」 宮下 奈都 著        (6時間17分)

    ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温か

    く静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。2016年本屋大賞受賞作。

  第3位 蒸発 ある愛の終り」 夏樹 静子 著   (11時間37分)

    飛行中のボーイング機から人妻美那子が消失した。密室状態の旅客機からなぜ!愛人の

    新聞記者冬木は、謎を追って彼女の郷里へ向かったが…。現代人の愛を叙情豊かに描く

    長編推理。

  第4位 霧 ウラル」 桜木 紫乃 著       (11時間36分)

    国境の街・北海道根室。有力者の娘・珠生が恋に落ちたのは、北の海の汚れ仕事を牛耳

    る相羽組の組長だった。しがらみに満ちた土地で、自ら人生を切り開き生きようとする

    珠生の、女としての戦いの物語。

  第5位 坂の途中の家」 角田 光代 著      (13時間34分)

    最愛の娘を殺した母親は、私かもしれない。虐待事件の補充裁判員になった里沙子は、

    子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇に自らを重ねてい

    く。社会を震撼させた虐待事件と〈家族〉であることの光と闇に迫る心理サスペンス。

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する