スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第43号(H28.5.20) > 

7 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

点字図書館だより

ここから本文です。

7 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

   人から聞くと「今まで読んだことのないジャンルだったけど、あら、意外と面白そう」な

  んてこと、よくありますよね。「この本良かったなあ、誰かに教えてあげたいな」ってこと

  も!日頃からたくさんの本を読まれている点字図書館利用者の皆さんだからこそ、ぜひ教え

  てほしいその一冊。バトンをつないで、いろんな本の情報を共有してゆきましょう!

   さあ、バトンは前号の「北点図お蔦」さんから「トド」さんへ。

   それではトドさん、お願いします。

 

*******   *******   *******

 

  はじめまして。トドです。

  まずは、ミッチ・アルボム著「モリー先生との火曜日」

  ホーキング博士も患っているALS(筋萎縮性側索硬化症)にかかってしまった、不運ながら

 も、とてもチャーミングな社会学の老教授の物語。

  教え子だった筆者が書いた物語で、どんどん先生のチャーミングさがわかってゆき、不思議

 なことに決して読む側に「苦しい」とか「つらい」とかを感じさせないのです。

  目は潤みますが、涙が落ちるということはありません。

  筆者の力でしょう。潤んでは乾き、潤んでは乾きします。

  目の為にも、お勧めです。

 

  そしてもう一つ。糸井重里監修「大人語の謎。」

  抱腹絶倒。ひたすら笑えます。

  筆者の日本語への観察力、操る力、面白がる力がとてもスゴイです。

  とにかく笑い転げているうちに、いささか悪知恵も身につくような気がします。

  ご一読を。

 

  この2冊は、点字図書館の方に教えて頂いて知ることができました。

  自分一人では、お借りしなかったのではと思います。

  教えて頂いたこと、いっぱい感謝しています。

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する