スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • アンケート中
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 申込受付中
    • 申し込み
    • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 東部障害者福祉会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 視聴覚障害者情報センター
    • 西部障害者福祉会館講座
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 芸術文化応援センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会のSDGsへの取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • 話題・トピックス
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • アートギャラリー
    • アーティストリスト
    • うさぎアート展
    • かがやき作品展
    • 北九州市障害者芸術祭
    • パフォーマー紹介
    • レインボードロップス
    • 芸術文化情報発信
    • 過去の事業紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 第62号 > 

LENCONのはじめの一歩

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文です。

LENCONのはじめの一歩

あれはもしかしたら… 永松 玲子(ながまつ れいこ)さん

 

※サリドマイドの薬害のため、両肩から数本の指が少し出ているだけの状態で左目は失明、右目も眼球振動があり弱視(近づけば人がいるか識別できるくらい)

 

 点滴を打ち始めて数日たった頃には、私はもうお腹がすくこともなくなっていて、「もう両親や妹にも会えないんだ。このまま私はどうなっていくんだろう」と不安な気持ちでいっぱいでした。

 ある日の夜、点滴も打ち終わって眠りかけた頃「玲子ちゃんどうしたんね。お母さんよ。」「玲子ちゃん、お父さんよ」という懐かしい声を聴きました。「ああ、とうとう両親の声まで夢見よる…」と思っていると、もう一度「玲子ちゃん、お父さんとお母さんが来たよ」と呼びかけられ、目が覚めました。

 声のする方を見ると…、すごく、すごく会いたかった両親が、私の目の前にいるではないですか!「これも夢?目が覚めたらまたいないの?」そう思っただけで胸がいっぱいになり、泣き出してしまいました。すると看護師さんが、「玲子ちゃん、今日はお父さんもお母さんもここに泊まるからね。安心していいよ」と言ってくれて、とても嬉しくなりました。

 するとどうでしょう。あれほど食べ物も水も受けつけなくなっていたのに、急に喉が渇き始めました。看護師さんに「水が欲しい」と伝えると、オレンジジュースを持ってきてくれて、「今まではこれも戻してしまっていたけど、今日は飲めそうかな?」と置いて行ってくれました。

 ジュースを飲み終わった後、しばらく様子を見ていましたが、まったく戻す気配はありません。逆にどんどんお腹が減ってきました。その日は夜も遅かったのでそのまま眠りましたが、翌朝、両親のそばで久しぶりに朝食を食べることができました。

 少し落ち着いたのを見届けると両親は家に帰り、私はいつもの訓練の日々に戻りました。

 そして、しばらくたったある日、たくさんのドクターのいる会議室に呼ばれて言われたのです。「玲子ちゃん、良かったね。ずっと願ってたおうちに帰れるよ。足立学園(あだちがくえん)を退園していいよ」――すごく嬉しかった!

 今こうしてあの頃を思い出してみると、あれはもしかしたら…「拒食症(きょしょくしょう)」だったのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する