スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • アンケート中
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 申込受付中
    • 申し込み
    • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 東部障害者福祉会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 視聴覚障害者情報センター
    • 西部障害者福祉会館講座
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 芸術文化応援センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会のSDGsへの取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • 話題・トピックス
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • アートギャラリー
    • アーティストリスト
    • うさぎアート展
    • かがやき作品展
    • 北九州市障害者芸術祭
    • パフォーマー紹介
    • レインボードロップス
    • 芸術文化情報発信
    • 過去の事業紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 第64号 > 

令和4年度事業計画

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文です。

令和4年度事業計画

 

活動方針

ミッション(理念)

 地域社会の中で、障害のある人が安心し、生きがいを持って自立した生活を営むことができる社会の実現を目指します。

 

ビジョン(目的

 障害福祉の視点から、すべての市民にとって暮らしやすいまちづくり・ひとづくりに取り組みます。

 

バリュー(活動姿勢)

 ○障害のある人たちの権利を守る活動をします。

 ○障害のある人たちの声を聞き、求められるニーズに応える活動をします。

 ○個々の障害を理解し、障害のある人の立場に立った視点で活動をします。

 ○障害のある人が自分の生き方を選択できるよう、生活を支援する活動をします。

 ○障害のある人の生きがいへとつながる、芸術・文化・スポーツ支援の活動をします。

 ○障害のある人と地域との架(か)け橋(はし)となる活動をします。

 ○関係機関・団体と協力、連携して活動をします。

 

 

 新型コロナウイルス感染拡大の状況下で急速に進んできた「オンライン」の取り組みが協会の事業の中でも定着してきました。従来の会場に直接参加するという方法に加え、オンラインで自宅や別の場所からつないで講座や研修会に参加できる選択肢も加えた「ハイブリッド方式」での事業実施が可能となり、感染拡大状況に応じて事業を止めずにやり方に変化が付けられるようになったことは、コロナ禍での大きな収穫です。しかし、昨年度の事業実施を通して、オンラインにおける視覚・聴覚障害者、盲ろう者への情報提供のあり方、オンラインでのメリットを享受できる人とできない人の格差(デジタルディバイド)をどう埋めるかなど、新たな課題も出てきていますので、令和4年度は法人及び各セクションで必要な検証、インフラ整備を行いながら、オンラインの推進と課題解決を図っていきます。

 また、2021年5月、改正障害者差別解消法が成立し、今回の改正により合理的配慮の提供が民間事業者にも義務として求められるようになりました。障害のある人への差別をなくしていくためには、合理的配慮に関する理解に加え、差別の対象となる障害のある人たちのことやその人たちの困りごとについて、一人でも多く知ってもらうために地域社会に啓発していく必要があり、それは当事者団体である協会の責務であると考えます。

職員ひとり一人が出来ることを考え、他団体と連携しながら「地域社会の中で、障害のある人が安心し、生きがいを持って自立した生活を営むことができる社会の実現を目指す」という理念を実現するため、令和4年度も引き続き東西の福祉会館を中心に地域への啓発活動に取り組みます。

 事業を実施するにあたっては、上記7つの活動姿勢に基づいた活動を行っていきます。

 

Ⅰ 法人運営

 公益法人として自覚と責任を持ち、事業活動を通して法人の理念を実現するためには、法人運営に必要な組織・財政基盤の強化と、法人の将来を担う人づくりが必要です。

 指定管理受託法人として厳しい時代を生き残っていける法人の体力強化を目指し、内外に向けた取り組みを行っていきます。

 職員プレゼン大会を通して出てきた災害時における法人のガイドライン整備に関する課題に加え、近年では災害と併せて感染症拡大時においても優先事業を継続させるために必要な業務継続計画(BCP:Business(ビジネス)continuity(コンティニュイティ)plan(プラン))の作成も社会的に求められているため、ガイドラインと併せてBCPの整備を進めます。

 また、令和5年度(設立日7月12日)に協会が設立50周年の節目を迎えるため、半世紀の区切りとなる記念イベントについて法人内で準備を進めていきます。

 

Ⅱ 公益事業

1.社会参加推進事業【公益事業1】

 障害のある人たちの社会参加を進めていくため、障害のある人の相談内容に応じた適切な支援を行うほか、社会参加のきっかけとなる芸術文化活動の推進やコミュニケーション支援を行います。また、併せて必要な情報の提供、整備すべき制度、サービスについての要望活動を行うなど、障害福祉の推進を図ることを目的とした事業を行います。

 

2.障害者福祉会館事業【公益事業2】

 障害のあるなしに関わらず共に生きる社会の実現のため、障害のある人たちが地域で自立した自分らしい生活を送れるよう、障害のある人たちと家族・支援者の活動拠点や地域との接点として東西の障害者福祉会館の運営や社会参加支援事業を実施します。

 

Ⅲ 収益事業

1.点字・声の市政だより等作成事業【収益事業1】

 北九州市が発行する広報誌「市政だより」、「市議会だより」等の点字・録音版・テキスト版を製作し、視覚障害者の生活に必要な情報提供を行います。また、視覚に障害のある人が日常的に使用する点字用紙などの販売も行います。

 

Ⅳ その他事業

1.地域障害者団体支援事業【その他事業1】

 北九州市内で活動する身体障害者団体の支援を通して、北九州市の障害福祉の推進を図ることを目的に事業を行います。

 

Ⅴ 他団体連携事業

 北九州市の障害福祉推進のため、他団体と連携して行政に対し必要な政策提言、意見交換を行います。また、障害福祉に関する情報を収集、提供します。

 

令和4年度 会計別予算総括表                       (千円)

会計別

令和4年度

予算額

令和3年度

予算額

増減額

公益事業

1

社会参加推進事業会計

4,808

7,931

△3,123

2

障害者福祉会館事業会計

172,860

172,699

161

収益事業等

3

点字・声の市政だより等作成事業会計

17,792

17,908

△116

4

地域障害者団体支援事業会計

1,044

1,014

30

 

5

法人会計

3,610

3,870

△260

合   計

200,114

203,422

△3,308

※令和3年度は補正後予算額


ここまで本文です。

印刷用のページを表示する