スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • アンケート中
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 申込受付中
    • 申し込み
    • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 東部障害者福祉会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 視聴覚障害者情報センター
    • 西部障害者福祉会館講座
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 芸術文化応援センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会のSDGsへの取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • 話題・トピックス
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • アートギャラリー
    • アーティストリスト
    • うさぎアート展
    • かがやき作品展
    • 北九州市障害者芸術祭
    • パフォーマー紹介
    • レインボードロップス
    • 芸術文化情報発信
    • 過去の事業紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 第64号 > 

厚生労働大臣表彰受賞

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文です。

厚生労働大臣表彰受賞

▲竹田副理事長(左)と市障害福祉企画課 荒田(あらた)課長

 長年の障害福祉分野での活動が評価され、この度、竹田英樹(たけだ ひでき)副理事長が厚生労働大臣表彰を受賞されました。

 竹田副理事長は、ポリオにより下肢障害があります。

 建築の業界から障害福祉の世界に入り、制度も不十分で障害のある人の社会参加も進んでない時代から、当事者支援の活動に従事してきました。映画上映や車いす市民集会などの啓発活動に加え、障害福祉に特化したボランティアの組織である、障害福祉ボランティア協会の立ち上げにも関わるなど、現在の北九州の障害者支援の基礎を作ってきた方です。

 また、昭和54年に小倉北区大門に設置された障害者福祉会館(現東部障害者福祉会館、戸畑区のウェルとばた内)在職中は、会館の顔として、障害のある人やボランティアの人たちにも「竹ちゃん」の愛称で多くの人に親しまれてきました。

 福祉会館退職後、現在は会館と同じフロアの障害福祉ボランティア協会に籍を置き、生涯現役と言わんばかりに、変らず障害福祉にエネルギーを注ぎ続けています。

 竹田副理事長、この度は栄えある受賞、誠におめでとうございます。

 今後ますますのご活躍を心から祈念申し上げます。

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する