スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和2年度障害者芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • かがやき巡回作品展
    • かがやきアートギャラリー
    • 魚町銀天街かがやきアート
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

点字図書館だより

ここから本文です。

新年のご挨拶

                               点字図書館職員一同

 

 

 旧年中は新型コロナウイルスが猛威を振るい、当館では休館や利用の制限を行うこととなりましたが、利用者、ボランティア、関係者の皆様にはご理解ご協力いただき、誠にありがとうございました。一日も早い収束と、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

 さて、新年を迎えるにあたり、コロナ禍でも職員一同、前向きに日々の生活を送っていきたいと思い、毎年恒例の図書館職員からのメッセージテーマは「My新しい生活様式」にしました。職員がどのようにポジティブに歩んできたか、またコロナ収束後に何をしたいか・・・エピソードをお楽しみください。

 新年のご挨拶にかえてお届けします。

 

 安藤です。皆様、新年を元気にお過ごしでしょうか。

 本年が、明るく平和な一年となりますよう、心からお祈りいたします。

 さて、昨年は未曾有の一年となり、生活様式はずいぶんと変わりました。そんな中での数少ない私の前向きな変化は、IT用語を含む専門用語に対して、ほんの少しアレルギーがなくなったことでしょうか?テレワーク、Zoomミーティング、リモート等々、せざるを得ない状況の中、自宅からでも仕事が出来るようになりました。

 個人的にはスマホにペイペイをダウンロードし、買い物もできるようになったし、アマゾンで初めて買い物もしました(今頃?)。今年の当面の目標は、スマホで撮りだめた写真の整理です。アナログの私ですが、若手職員とのギャップを少しでも縮められるよう、頑張ります。

 今年もよろしくお願いします。

 

 大久保です。コロナ禍で気持ちもふさぎがちだったある日、短大時代の友人から「オンライン同窓会しよう!」の提案が。各自、スマホやパソコンにZoomアプリを入れるよう促され、「この日の9時半にスタートするから、送ったIDとパスワードで入ってきて。お酒も準備しておくように!」の指令。「そういうわけだからさー」と家族に言い訳して、いそいそと缶酎ハイ(ロング缶)を買いに走り、スタンバイOK!

 「あれ?声はするけど顔が出てないよ」「あ、出た!」「うわ!○○だあ!久しぶり!」

 召集された6人の顔が、スマホの画面に現れる度になぜか爆笑。結婚式以来、十数年ぶりの友人もいます。画面越しの同窓会は、時間も場所も一瞬で飛び越えました。

 色んなものが「オンライン〇〇」になる風潮に、「それってどうなのよ」と斜に構えていた私ですが、あっさり笑顔にしてくれた威力を認め、楽しんでいます。

 

 三木です。4月から週4日、1日2時間の仕事をしています。

 コロナの影響や仕事の変化に伴い、今までより、おうち時間は長くなりました。

 外出好きの性格も、今はちょっと影を潜めています。最初のころは、1日中、家にいることがなかったので、家中を彷徨っていました。今では、「家も、なかなかいいもんだ!」と感じています。家の中には案外、忘れていたものや知らないものが沢山あります。押し入れの中やタンスの中、本棚や食器棚、整理棚・・・入れっぱなしで、日の目を見なかった引き出しから新しい発見があります。それから、マスク作りも新しいおうち時間の楽しみです。

 

 福島です。「新型コロナウイルス」の影響で、昨年は行事やイベントが中止となり、これまでとは違った生活スタイルに戸惑いを感じられた方もいらっしゃると思います。わたしも、仕事が休みの日は、盲導犬とのお散歩を30分くらい行いそれ以外は外出せず家の中で過ごしました。

 今年も、どのような状況になるか分かりませんが少しでも早い収束を願うばかりです。

 オンラインでの講座や会議、それにオンライン飲み会などなど、コロナ禍で広がり始めたものには、チャレンジしてきました。それはそれで新鮮な気持ちになりましたがやはり、直接会っておしゃべりしたり食事を楽しんだりしたいですよね!

 そんな日常に戻れる事を楽しみに待ちたいと思います。

 

 衛藤です。『時間は、いっぱいあるしなぁ~』と言うのがテレビのコマーシャルで流れていますが、いつか時間を作って「動画共有サイト」から情報を発信してみたいですね。新商品開発の段階で、実用化に向けて検証をする作業の「実証実験」が色々とニュースで流れてきますが、その後の動向が不明な場合が多いんですね。「街中の歩行支援」「車椅子の自動運転」など福祉機器での対応ではなくて誰でもが利用できるような商品が見つかると嬉しいですね。

 

 大渡です。お家で過ごす時間が増えたので、DIYをしたり、マスクを作ったり、子どものナプキンや三角巾を作ったり、物づくりをして休日を過ごしています。

 家族みんなが揃った休みの日には、自転車でサイクリングしたり、おばあちゃん家の裏山を探検したり、家族だけで遊び、過ごす時間を楽しむようになりました。

 今年もコロナとは付き合っていかなければならないと思いますので、健康面、衛生面に気を付け、元気に過ごしたいと思います。コロナが収束した暁には、旅行に、グルメに買い物を存分に満喫したいと思います!!!

 

 小関です。新型コロナウイルスが収束したら皆様なにをしたいですか?私は外でお酒を飲みたいです。家で飲むのもよいですが、やはり外と家では雰囲気が違います。お酒に合う食事処は…焼き鳥屋さんなどどうでしょう。焼き鳥に合うお酒は…日本酒?ビール?ハイボール?夢が広がりますね。おっとよだれが。おいしい焼き鳥とおいしいお酒に思いを馳せて、今年も1年頑張ります。早く収束に向かいますように。

 

 橋本です。コロナウィルスで色々制限される日々が続いていますが、収束後は今までできなかったママ友とランチに出掛けて、おいしいものを食べながら会えなかった分の積もり積もった話をおしゃべりしたいです。時間を忘れてたいしたことない?話をするだけでスッキリするんです!ただ…その時はマスクを外さないといけないので、たるんで腹話術人形のようになった口元を夜な夜なパンパンたたいています(笑)

 

 古庄です。コロナの時代になって、本当に家に引きこもっています。もともと休みの日などもあまり出かけるタイプではありませんでしたが、拍車がかかりました。新しい生活様式の中でプラスになったことは、部屋を片付けて、こたつを置いたこと、テレビを新調したこと。もうずっとこもりそう。本当にプラスになったことでしょうか。

 そんな私でも年2~3回は旅行に出かけていましたが、それも叶わない。こんなことになるんだったら、もっと行きたい場所に行っておけば良かったと思う日々です。なので、コロナが収まったら、旅行に出かけたいです。行ったことのない場所へ行き、美味しいものを食べたいです。どこに出かけようか妄想しながら過ごしています。

 

 室元です。このコロナ禍で新たに取り入れたこと、それは近所の公園巡りです。息子たち2人を連れ、公園でサッカーに明け暮れています。

 今まではすべり台、鉄棒しかないと思っていた、ほとんど足を踏み入れることがなかった公園。遊び場がなく、しかたなく訪れた公園で、木々、草花の匂い、風の心地よさ、走り回れる解放感に、暗い気持ちが晴れわたりました。それからは、公園が大好きです。公園ありがとう、いつもきれいに手入れしてくれている地域の方々ありがとうございます!!

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する