スクリーンリーダー(よう)表示(ひょうじ)内容(ないよう)最適(さいてき)()

音声(おんせい)ブラウザ向け(むけ)ページ(ない)リンク

本文(ほんぶん)進み(すすみ)ます

サブコンテンツへ進み(すすみ)ます

メインナビゲーションへ進み(すすみ)ます

ページナビゲーションへ進み(すすみ)ます

音声(おんせい)ブラウザ向け(むけ)リンク終了(しゅうりょう)

ここからメインナビゲーションです。

  • アンケート中
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 申込受付中
    • 申し込み
    • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 東部障害者福祉会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 視聴覚障害者情報センター
    • 西部障害者福祉会館講座
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 芸術文化応援センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会のSDGsへの取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • 話題・トピックス
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • アートギャラリー
    • アーティストリスト
    • 干支(たつ)イラスト募集
    • かがやき作品展
    • 北九州市障害者芸術祭
    • パフォーマー紹介
    • レインボードロップス
    • 芸術文化情報発信
    • 過去の事業紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文(ほんぶん)です。

協会(きょうかい)のSDGsへの取り組み(とりくみ)

SDGs(エス・ディー・ジーズ)「持続(じぞく)可能(かのう)開発(かいはつ)目標(もくひょう)


目標(もくひょう)3 全て(すべて)(ひと)健康(けんこう)福祉(ふくし)

活用(かつよう)できる制度(せいど)があるにも関わら(かかわら)制度(せいど)存在(そんざい)知ら(しら)ないことで利益(りえき)享受(きょうじゅ)できない、また制度(せいど)のことは知っ(しっ)ていても使い方(つかいかた)分から(わから)ない、そのような(ひと)たちへ、当事者(とうじしゃ)団体(だんたい)である協会(きょうかい)持つ(もつ)ノウハウや人材(じんざい)、ネットワークを用い(もちい)啓発(けいはつ)情報(じょうほう)提供(ていきょう)行い(おこない)、あらゆる世代(せだい)障害(しょうがい)福祉(ふくし)推進(すいしん)していきます。


目標(もくひょう)5 ジェンダー平等(びょうどう)実現(じつげん)しよう

お互い(おたがい)多様(たよう)(せい)認め(みとめ)合い(あい)共に(ともに)生きる(いきる)社会(しゃかい)づくりは、協会(きょうかい)のビジョン「すべての市民(しみん)にとって暮らし(くらし)やすいまちづくり・ひとづくり」の実現(じつげん)につながります。

出前(でまえ)講演(こうえん)による地域(ちいき)への啓発(けいはつ)活動(かつどう)など、障害(しょうがい)のある(ひと)たちの(はなし)地域(ちいき)届ける(とどける)活動(かつどう)通じ(つうじ)多様(たよう)(せい)認め(みとめ)合う(あう)社会(しゃかい)づくりを進め(すすめ)ます。


目標(もくひょう)6 安全(あんぜん)(みず)とトイレを世界中(せかいじゅう)

排泄(はいせつ)は、人間(にんげん)生き(いき)ていくための基本(きほん)(てき)欲求(よっきゅう)一つ(ひとつ)です。

(だれ)もが利用(りよう)しやすく、必要(ひつよう)(とき)にいつでも利用(りよう)できるトイレを1つでも増やし(ふやし)ていくことは、まちづくりの観点(かんてん)からも大切(たいせつ)なことです。

(わたし)たちの日常(にちじょう)生活(せいかつ)不可欠(ふかけつ)なトイレの環境(かんきょう)について、既存(きそん)のものの改修(かいしゅう)新設(しんせつ)()意見(いけん)交換(こうかん)など、関係(かんけい)団体(だんたい)連携(れんけい)して点検(てんけん)要望(ようぼう)活動(かつどう)行い(おこない)(だれ)もが使い(つかい)やすいトイレづくりを進め(すすめ)ます。


目標(もくひょう)10 (ひと)(くに)不平等(ふびょうどう)をなくそう

平成(へいせい)28(ねん)4月(しがつ)障害(しょうがい)(しゃ)差別(さべつ)解消(かいしょう)(ほう)がスタートしましたが、いまだに続い(つづい)ている偏見(へんけん)などから、辛く(つらく)悲しい(かなしい)思い(おもい)をしている障害(しょうがい)のある(ひと)たちはたくさんいます。

(りょう)()(ねん)5月(ごがつ)民間(みんかん)事業(じぎょう)(しゃ)による合理(ごうり)(ひさげ)配慮(はいりょ)提供(ていきょう)義務付け(ぎむづけ)た、改正(かいせい)障害(しょうがい)(しゃ)差別(さべつ)解消(かいしょう)(ほう)成立(せいりつ)、3(ねん)以内(いない)施行(しこう)されますが、この法律(ほうりつ)存在(そんざい)はまだまだ社会(しゃかい)認知(にんち)されていません。

共に(ともに)生きる(いきる)社会(しゃかい)づくりに向け(むけ)お互い(おたがい)知る(しる)ための地域(ちいき)との接点(せってん)作り(つくり)差別(さべつ)解消(かいしょう)(ほう)含め(ふくめ)た、障害(しょうがい)のある(ひと)たちのこと困り(こまり)ごとを地域(ちいき)知っ(しっ)てもらう活動(かつどう)進め(すすめ)障害(しょうがい)のある(ひと)とない(ひと)機会(きかい)均等(きんとう)不平等(ふびょうどう)是正(ぜせい)へとつなげていきます。


目標(もくひょう)11 住み(すみ)続け(つづけ)られるまちづくりを

公共(こうきょう)交通(こうつう)都市(とし)空間(くうかん)のバリアフリーへの取り組み(とりくみ)は、協会(きょうかい)のビジョン「すべての市民(しみん)にとって暮らし(くらし)やすいまちづくり・ひとづくり」の実現(じつげん)につながります。

既存(きそん)のものはバリアフリーに、これからつくるのものはユニバーサルに、未来(みらい)北九州(きたきゅうしゅう)()全て(すべて)(ひと)にとって住み(すみ)やすい(まち)となるよう、関係(かんけい)団体(だんたい)連携(れんけい)して、ハード・ソフト両面(りょうめん)から点検(てんけん)要望(ようぼう)活動(かつどう)進め(すすめ)ていきます。

ここまで本文(ほんぶん)です。

印刷用のページを表示する