スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティストへの応援
    • パフォーマー紹介
    • かがやき作品展
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

ここから本文です。

生きがい

▲斎藤さん

「斎藤君インタビュー」

 

【斎藤君のプロフィール】

斎藤 龍樹(さいとう・りゅうじ)

平成元年生まれ 31歳

・2011年3月

 東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)に伴う原発(げんぱつ)事故による影響で福島(ふくしま)から遠賀町(おんがちょう)にいる知人を頼りに移住

・2011年6月

 NPO法人My夢(マイム)に通所

 

NPO法人My夢は、生活介護・就労継続支援B型、短期入所などの福祉サービスを行う施設です。今回は、My夢に通所している斎藤君に、いつも描(か)いている絵のことや、これからの夢について、QアンドA形式でインタビューしてみました。 

                    (聞き手/第1作業所 支援員 水上(みずかみ))

 

 Q:My夢に通所して何年になりますか?

 A:11年になります。

 Q:絵はいつから描(か)いているのですか?

 A:2009年10月(福島在住時)、父に言われて家に飾るためのカラフルな仏様(ほとけさま)を描き始めたのが最初です。

 Q:何を使って描いていたのですか?

 A:鉛筆と色鉛筆です。

 Q:遠賀町に越して来てからも、絵を描いていたのですか?

 A:家で仏様を描いていました。鉛筆、マーカー、ボールペンを使い始めました。

 Q:いつから、現在の面・点・線で描くようになったの?

 A:遠賀に来てから自分で考えて描くようになり、色鉛筆はあまり使わなくなりました。

 Q:色を塗る事は好きですか?

 A:今は、面・点・線を意識して、白黒で描く方が好きです。

 Q:クラブ活動に入って、今までと違った事はありますか?

 A:風景画・お花・お菓子の箱絵(はこえ)など、色々な題材があって、楽しかったです。

 Q:描いた絵を見て、自分でどう思いましたか?

 A:面・点・線が立派に見えました。感動しました。

 Q:絵を描くことを難しいと感じた事はありますか?

 A:無いです。おもしろいです。

 Q:描き方の順番はいつも一緒ですか?

 A:鉛筆で下描きをして、マーカーでペン描き、ここで消しゴムを使って線を消す。面・点・線を意識して、順番に描き入れます。最後は、ギザギザ線・マル線・波線を入れるのがこだわりです。

 Q:作品や題材で好きなものはなんですか?

 A:特急列車の前顔(まえがお)・女性車掌・三毛猫の顔です。

 Q:今後の夢はありますか?

 A:一人旅に行きたいです。(コロナ前はよく1人で行ってました。) 京都で舞妓(まいこ)さんに会いたい、奈良の吉野(よしの)の桜を見たい、東京のフジテレビ、羽田(はねだ)空港、栃木の鬼怒川(きぬがわ)温泉。以上、4か所に行きたいです。

 

▲製作風景
▲斎藤さんの作品

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する