スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • 本年度の芸術祭について
    • 北九州市障害者芸術祭
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • ステージ出演者募集!!
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • レインボードロップス
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきステーション
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 2019カレンダー販売事業
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第45号(H29.1.20) > 

1 点字図書館からのお知らせ

点字図書館だより

ここから本文です。

1 点字図書館からのお知らせ

◆ 点字図書館交流会のご報告~琵琶の演奏とクラシックで脳トレ

  昨年11月20日に点字図書館交流会を西部障害者福祉会館で開催しまし

 た。参加者は52名、天候の心配もなく無事に行うことが出来、ホッとしてい

 ます。

  午前中は琵琶と尺八の演奏。参加者の皆さんが演奏に合わせて、荒城の月、

 九州炭坑節、東京音頭などを歌ったり、太鼓を叩いたり、演奏者と一緒に盛り

 上がりました。琵琶と言ったら平家物語・壇ノ浦の合戦です。琵琶と尺八の演

 奏に合わせての語り「早鞆の瀬戸」はとても感動的でした。また、演奏終了後

 には楽器に触らせて頂きました。

  昼食はハイキング気分でおにぎり弁当をわいわいと頂きました。昼食後、第

 1回意見交換会をはさんで、「ちーむ・レク☆さす」さんのご協力で楽器を使

 っての脳トレを行いました。参加者全員でカスタネットや鈴、鳴子、缶の底や

 タンバリンなど、それぞれパートに分かれて、準備運動の後、クラシックの名

 曲「クシコスポスト」(作曲・ヘルマン ネッケ)を演奏しました。耳を傾け、

 曲を聞きながら自分のパートの出番を待つ緊張感と瞬発力、楽しく脳を動かす

 ことが出来ました。

  今回は楽しい音楽の世界に旅することが出来た交流会でした。

                             (担当:三木)

 

「交流会で感じたこと」 広本 剛士(図書館利用者)

 

  今回初めて交流会に参加させて頂きました。

  図書館の利用者やスタッフなど、おおらかな人たちに囲まれて幸せな時を過

 ごさせて頂きました。これは感覚の問題ですので、人によって感じ方がそれぞ

 れ違うのでしょうが、何をやっても許してもらえそうな優しい空気に会場全体

 が満たされて居るような感じがしました。

  しかし、ここで油断して参加者の優しさにどっぷり甘えて迷惑をかけるので

 はないかという不安もありました。次回、参加するときには、もっとも厄介な

 利用者にならないために何らかの努力をしなければと考えていますが、何をど

 のように努力していいものやら、さっぱり分からないのが現状です。

  思わず甘えてしまいたくなるくらい優しい空間だと私は感じました。

  今回の交流会の中身について、あれこれ書く以前にすべてが新鮮だったとい

 うのが率直な感想です。

  私の右横には音訳図書ボランティアの方がおられましたが、その方と「学校

 を卒業してからの読書は感想文を書かなくてもいいという気楽さが最も大き

 な魅力だと思いませんか?」と話し合いました。

  最後に一つだけ。私は今後、点字図書を楽しむ上で、本来の楽しみ方に加え

 て、点字図書を私の汚い点字を改めるための目標にできればと思っています。

 

「点字図書館交流会に参加して」 喜洲 朋子(北九州音訳こだま)

 

  11月20日、交流会に参加させていただいた。利用者の方との楽しい会話

 や筑前琵琶の陽気な先生による参加型の演奏や歌、「ちーむ・レク☆さす」の

 皆さんのゲームや合奏で盛り上がりあっという間の一日だった。

  日頃の音訳作業は、自宅録音、校正者とのやりとりで完結してしまうので、

 この日は利用する皆さんの生の声が聞ける貴重な機会だと思っていた。

  受付をして予め決められたテーブルにつき、隣に座っている利用者の方とお

 互いに自己紹介をしながら会話を進めた。しばらく話したところで、「それで

 何級ですか?」と聞かれた。「え?」うっかり音訳者と名乗り忘れるほど緊張

 していたみたいだ。でも会話は成り立ってたよね。ちょっと苦笑い。

  文字や写真等を音で伝えるという所に面白さを感じて音訳の世界に入った。

  当時は視覚障害という事についても不勉強だったが、伝える、伝わるとはど

 ういうことか毎回迷いながら、自分なりに少しずつ理解を深めていった。

  利用者の皆さんと交流し、他の音訳者と悩みを共有する事は、そんな迷って

 いる心にヒントを与えてくれる。また次回も楽しみに参加したい。

 

 

 

◆ 「サーチエイド2を使ってみよう」体験会のご案内

  パソコンを使ってインターネットから各種の情報を取得するのに便利な「サーチエイ

 ド2」の利用法を説明する体験会を実施します。

  以前からあった「サーチエイド」からWindows8やWindows10でも利用できるように

 新しく開発された「サーチエイド2」を使って、インターネットを利用した様々な検索

 方法を紹介したいと思います。

 

  主 催:北九州市立点字図書館

  日 時:平成29年2月12日(日)13:30~15:30

  会 場:西部障害者福祉会館

      八幡西区黒崎3-15-3 コムシティ5階 505会議室

  対 象:点字図書館の利用者・家族、視覚障害者の支援者

  定 員:8名(定員を超えた場合は抽選)

  申込締切:2月9日(木)

 

  ★お問合わせ・お申込み先

   北九州市立点字図書館

   〒806-0021 八幡西区黒崎3-15-3 コムシティ5階

   TEL 093-645-1210 FAX 093-645-1601

                                  (担当:衛藤)

 

◆ 利用者の皆さまとの意見交換会開催のお知らせ

  今年度1回目の意見交換会は昨年の点字図書館交流会の中で行いました。

  和やかな雰囲気の中、利用者の皆さまより図書に対するご意見やご要望などをいただ

 きました。さらに皆さまのご意見などをお伺いしたく「第2回意見交換会」を開催いた

 します。

  前回、ご参加いただいた方もご都合が悪かった方も、どうぞお越しください。そして

 いろいろなご意見をお聞かせください。お待ちしております。

 

  日 時:平成29年2月19日(日)13:30~15:00

  会 場:西部障害者福祉会館

      八幡西区黒崎3-15-3 コムシティ5階 503会議室

  申込締切:2月17日(金)

 

  ※JR黒崎駅改札または黒崎バスセンターより会場までご案内いたします。必要な方は

   申込時にお伝えください。

 

  ★お問合わせ・お申込み先

   北九州市立点字図書館

   TEL 093-645-1210 FAX 093-645-1601

                                 (担当:永山)

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する