スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • アンケート中
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 申込受付中
    • 申し込み
    • 東部障害者福祉会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 視聴覚障害者情報センター
    • 西部障害者福祉会館講座
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 芸術文化応援センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会のSDGsへの取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • 話題・トピックス
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • アートギャラリー
    • アーティストリスト
    • うさぎイラスト募集
    • かがやき作品展
    • 北九州市障害者芸術祭
    • パフォーマー紹介
    • レインボードロップス
    • 芸術文化情報発信
    • 過去の事業紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第60号(R4.1.20) > 

4 ちょっと一息~リレーコラム

点字図書館だより

ここから本文です。

4 ちょっと一息~リレーコラム

北九州弁って方言?

                                                                                           橋本 智佳子

 普段当たり前に話している言葉がおかしいと言われた時って、何が違うんだろう?って思いませんか。主人と出会った頃に言われたのが、「作らんにゃいけん」の「にゃ」がおかしいってこと…これは今でも言われます。門司出身の私は何の違和感もなく使っていたのですが、「にゃ」って門司だけ?私だけ?気になって検索してみたら、意外にたくさん出てきてびっくりしました。その中に、主人の会話に出てくる「でたんきちい」があったので笑いました。初めて聞いたときは「なにそれ?」と思いましたが、「とてもきつい」のことらしく、八幡西区で生まれ育った子供たちは普通に話していて今では私も当たり前になっています。

 北九州弁といえば、「ちゃ」が有名ですが、「かべちょろ」、「こまめる」、「なおす」、「すいばり」、「そーとー」、「はがいい」、「すかん」、「いっちょん」、「またごす」、「からう」、「ぞろびく」、「たう、たわん」、「びびんこ」…まだまだあります。北九州市の中でも、区によって違いはありますが、全部わかる方は、立派な北九州人です!

 さて、みなさんいくつわかりますか?  

               

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する