スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • アンケート中
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 申込受付中
    • 申し込み
    • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 東部障害者福祉会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 視聴覚障害者情報センター
    • 西部障害者福祉会館講座
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 芸術文化応援センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会のSDGsへの取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • 話題・トピックス
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • アートギャラリー
    • アーティストリスト
    • 干支(たつ)イラスト募集
    • かがやき作品展
    • 北九州市障害者芸術祭
    • パフォーマー紹介
    • レインボードロップス
    • 芸術文化情報発信
    • 過去の事業紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第63号(R5.1.20) > 

6 サピエ図書館貸出ベスト5

点字図書館だより

ここから本文です。

6 サピエ図書館貸出ベスト5

(令和4年11月10日~12月10日 月間集計)

◆ 点字図書

第1位 「コロナワクチンが危険な理由」 荒川 央 著 (全4巻)

 コロナワクチンは治験が済んでおらず、「緊急使用」や「特例」で承認されたもの。イタリア在住の分子生物学者・免疫学者が、データと解析からコロナワクチンの危険性を論証する。

第2位 「マスカレード・ゲーム」 東野 圭吾 著 (全5巻)

 解決の糸口すらつかめない3つの殺人事件。共通点は、被害者がみな過去に人を死なせた者であることだった。被害者たちを憎む遺族らがホテル・コルテシア東京に宿泊することが判明し、新田浩介は再び潜入捜査を開始する-。

第3位 「夜に星を放つ」 窪 美澄 著 (全4巻)

 もう何も失いたくない。でもまた人と関わりたいと思った-。「真夜中のアボカド」「銀紙色のアンタレス」など、心の揺らぎが輝きを放つ全5編を収録した短編集。『オール讀物』掲載を書籍化。

第4位 「あちらにいる鬼」 井上 荒野 著 (全5巻)

 小説家の父、美しい母、そして瀬戸内寂聴をモデルに、〈書くこと〉と情愛によって貫かれた3人の〈特別な関係〉を長女である著者が描き切る問題作。『小説トリッパー』掲載を単行本化。

第5位 「メリーゴーランド」 荻原 浩 著 (全6巻)

 超赤字テーマパークを立て直すことになったのは、新しい部署に移ったばかりの一公務員。地方都市の村興しと権力闘争に翻弄され、優雅なアフター5はままならない。おかしくて哀しき奮闘を描く宮仕え小説。


◆ デイジー図書

第1位 「晩秋行」 大沢 在昌 著 (11時間49分)

 バブル崩壊後に姿を消した二見興産の会長の20億円の価値があるクラシックカーの目撃情報が入ったという。居酒屋店主の円堂は、その車とともに連れ去られた君香を捜そうと…。『週刊大衆』連載を改題、加筆修正し単行本化。

第2位 「セカンドチャンス」 篠田 節子 著 (7時間39分)

 長い介護の末、母親を見送った麻里、51歳。婚期も逃し、この先は坂を下っていくだけと思っていた。そんなある日、親友のひと言で一念発起した麻里は、水泳教室に通いはじめ…。『小説現代』掲載を単行本化。

第3位  「新宿のありふれた夜」 佐々木 譲 著 (7時間34分)

 新宿で10年間任された酒場を畳む夜、郷田克彦は血染めのシャツを着た少女を店内に匿った。怯えながらメイリンと名のる少女は、監禁場所から脱けだす際、地回りの組長戸井田を撃ち、組織に追われていた。さらに克彦は日本に流れつくまでの難民生活、日本での過酷な労働を凌いできたメイリンの境遇に衝撃を受ける。欲望を孕んだ週末の新宿に蠢く暴力団の凶手。警察の執拗な捜査。この娘を救わなければならない。メイリンの姿が、この街に逃れてきた自分の姿と交叉した時、克彦は刻々と迫る二重包囲網の突破をはかった。

第4位 「おわかれはモーツァルト」 中山 七里 著 (9時間25分)

 盲目の人気ピアニスト・榊場隆平に因縁をつけたフリーライターが銃殺される。容疑者にされ窮地に立った榊場を、彼と同様ショパンコンクールのファイナリストに名を連ねた岬洋介は救えるのか?

第5位 「大草原の小さな家で ローラ・インガルス・ワイルダーの生涯と信仰」 スティーブン・W.ハインズ 著 中嶋 典子 訳 (9時間45分)

 「大草原の小さな家」など、西部開拓者の家族の物語を執筆したローラ・インガルス・ワイルダー。その生涯と物語に息づく信仰を読み解く。開拓時代の料理を再現できるレシピやローラの友人へのインタビューも収録。

 

※ご希望の媒体での製作状況等につきましては、どうぞお気軽にお問合せ下さい。


ここまで本文です。

印刷用のページを表示する