スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和2年度障害者芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • かがやき巡回作品展
    • かがやきアートギャラリー
    • 魚町銀天街かがやきアート
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第57号(R3.1.20) > 

9 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

点字図書館だより

ここから本文です。

9 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

 点字図書館を利用される皆さんがつなぐコーナーです。前号の高嵜(たかさき)さんから、森本次生(もりもとつぎお)さんへバトンが渡されました。森本さんは、主に推理小説を好まれ、当館の図書を多くリクエストいただいています。今回は読書の楽しさについて、お話を伺いました。

 

*******   *******   *******

―多く読まれた本の中から、おすすめの本を教えてください。

 内田康夫の「浅見光彦シリーズ」が大好きで、北九州にあるデイジー図書は全て読んでしまいましたね。推理ものが好きなのですが、「浅見光彦シリーズ」は、特にトリックがすごい。刑事局長の弟でありながら、素人探偵で、本業はルポライターである浅見光彦が、様々な事件にかかわり、警察より先に犯人を突き止め、最後は必ず事件を解決するんです。大どんでん返しがあり、ストーリが面白い。また、九州など実在する様々な地域を詳細に描いており、旅をしているようでとても勉強になります。シリーズの一つ「坊ちゃん殺人事件」は夏目漱石の「坊ちゃん」にちなんで四国松山を舞台に事件が起こり、「俳句」がからむなど、発想がとてもすごいと感じました。

―「浅見光彦シリーズ」はテレビで知っている程度でしたが、お話をお聞きし、とても魅力的な作品だということが伝わりました。ところで、本を読むようになったきっかけや普段の読書の様子を教えていただけますか。

 今より視力が良い頃、辰巳琢郎主演の「浅見光彦シリーズ」をテレビでよく見ていました。様々な漫画も多く読んでいました。しかし、視力が落ちてテレビを観たり漫画を読むことが難しくなったため、北九州の点字図書館を利用するようになり、それから、デイジー図書による読書を楽しむようになりましたね。

 最近は、ほとんど本を読んでいます。家の中ではもちろん、外出の際、バスや電車の中でもプレクストーク(リンクポケット)を持ち運び、聴いていますね。家ではスピーカーを設置し、夜にはお風呂に入る時以外、ずっと聴いていますよ(笑)。

―それだけ聴いていただき、こちらとしても大変嬉しいです!最後に、森本さんにとって読書とはどのようなものですか。

 私にとっての生活の一部。一番の楽しみで、図書がないと夜が寂しいです。外出先でも聴きたいです。そのため、障害のある人が安心して歩ける街になることが最大の望みです。好きな図書を聴きながら、散歩できたら幸せです。

*******   *******   *******

 

 森本さん、図書の紹介と読書の想いをたっぷりと伝えていただきありがとうございました!

 生活の一部である読書環境を支えることができるよう、これからも業務に取り組んでいきます。

 皆さんの図書のリクエストをお待ちしています!

(担当:室元)

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する